エンジニア

エンジニアは英語に対してどのように向き合っていくべきか?

エンジニアは英語に対してどのように向き合っていくべきか?

英語に対して苦手意識を持っているエンジニアは英語とどのように向き合っていくべきか?

Aさん
Aさん
昔から英語アレルギーです。
Bさん
Bさん
英語力を身につけた方が良いのは分かりますが、業務もあってなかなか勉強の時間が取れません。

結論、英語力はあるに越したことはありませんがエンジニアという職種に求められるスキルをまずはしっかり身につけるべきです。

ハニ太郎
ハニ太郎
エンジニアにとって英語力は+αに過ぎないというのが私の意見です。

私自身NYに留学していたこともあり英語に抵抗はありませんが、エンジニアとして英語を使う場面はある程度限られています。

Aさん
Aさん
なるほど!それならエンジニアに英語力はあまり必要ないのでは?

ただし、エンジニアに英語力は必要ないという訳ではなく、むしろエンジニアこそ英語力を身につけることで沢山のメリットを享受することができると思っています。

ハニ太郎
ハニ太郎
エンジニアが英語力を身につけたら沢山のメリットを享受できるよ♪

本記事では、エンジニアに求められる英語力と英語力を身につけることによるメリットについてお話していきたいと思います。

エンジニアに求められる英語力

エンジニアに求められる英語力は以下の2パターンで別れてくるでしょう。

  • 普段の業務で英語を使わない場合
  • 普段から業務で英語を使う場合

普段の業務で英語を使わない場合

普段の業務で英語を使わないエンジニアの場合は、最低限のリーディング力さえ身につけておけば大丈夫かと思います。

Aさん
Aさん
どうしてリーディング力だけは身につけておくべきなのですか?
ハニ太郎
ハニ太郎
会話はなくとも英語の文書を読む機会は往々にしてあるからです。

ライブラリなどは英語で書かれていますし、プログラミングをする際に変数名などは英単語の組み合わせが多いので、リーディング力だけは最低限身につけておきましょう。

Bさん
Bさん
たしかに変数名を見てそれが何を表しているのか理解できないと業務に支障が出ますね。

また、最新技術をキャッチアップするためには海外の(主にアメリカの)文書を読むことになるのでリーディング力は必要と言えます。

普段から業務で英語を使う場合

外資系の企業などに勤めていらっしゃる方は普段から英語を使う機会があるかと思います。

その場合、以下の英語力が必要となるでしょう。

  • リーディング力
  • リスニング力
  • ライティング力
  • スピーキング力
Aさん
Aさん
全スキルが必要ということか笑
ハニ太郎
ハニ太郎
ただし、それぞれ求められるレベル感が異なります。

あくまで私の意見ですが、一番高い水準で求められるのはリスニング力だと思います。

というのも、相手は自分一人のためにゆっくり話してはくれないからです。

Bさん
Bさん
たしかに話が聞き取れないと仕事になりませんね・・・。

逆にスピーキング力はこちらからゆっくり話せばいいだけの話なので、しっかり伝わる英語さえ話せれば問題ないかと思います。

リーディングとライティングに関しては時間をかけて行えばできるはずなので問題なし(生産性を上げるために訓練する必要はもちろんあるが)

エンジニアが英語を身につけたら?

では、エンジニアが英語力を身につけたらどのようなメリットがあるのでしょうか?

転職や昇進に有利になる

多くの人にとってはこのメリットが一番大きいのではないかと思います。

Aさん
Aさん
昇進のために英語を習得するぞ!
Bさん
Bさん
海外で働けるなんて素敵!

実際に英語力があるエンジニアは転職で優遇されますし、年収も高い傾向にあります。

また、最近だと昇進の条件にTOEICのスコアを求める企業も増えてきているので、英語力を身につければキャリアの幅が広がるでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
キャリアを有利に進めるために英語力も身につけておこう♪

最新技術をいち早くキャッチできる

前章でも少し触れましたが、英語力(特にリーディング力)を身につけると最新技術をいち早くキャッチできるようになるでしょう。

テクノロジーの最新情報はアメリカから後に日本へと輸入されてきます。

Aさん
Aさん
基本的には英語で書かれたものが後から日本語訳されてくるのですね。

また、英語力を身につけ最新の情報を先に仕入れておけば、数年先を見据えられることからキャリアを上手に築いていけるでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
キャリア面でも有利になるよ♪

海外プロジェクトにアサインできる

英語力を身につけることでプロジェクトチームの一員として海外に行けるだけでなく、その橋渡し役としてプロジェクトを管理する立場にもなれるでしょう。

Aさん
Aさん
日本人だけでなく外国人の管理も任せられるようになったら凄いですね!
ハニ太郎
ハニ太郎
実際にそういった人は市場価値も高く良い給料を貰えることが多いよ♪

最近は外国人労働者の方と共に仕事をする機会が増えてきているため、共通語である英語を話すことができれば大きなアドバンテージとなります。

おすすめの書籍や英語学習サイト

本章では、エンジニアが英語力を身につけるための書籍や学習サイトを紹介していきます。

おすすめの英語学習書籍

エンジニアの方にまずおすすめしたいのが『ITエンジニアのための英語リーディング』

タイトル通りエンジニア向けの専門用語を使った例文で英語を学ぶことができます。

Aさん
Aさん
エンジニアにぴったりですね!

英語以外にもエンジニア向けの情報が書かれているので、手にとって損はないでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
リーディング力を磨きたいという方向けの書籍です♪

次に紹介したい書籍は『ITエンジニアのための場面別英会話&キーフレーズ』

こちらの書籍は業務で英語を使われるエンジニアが英会話を学ぶのにおすすめです。

ハニ太郎
ハニ太郎
エンジニア向けのビジネス英会話を学ぶならこの書籍がおすすめ♪

おすすめの英語学習サイト

英語学習サイトならスタディサプリ ENGLISHが個人的にはおすすめです。

通勤などの隙間時間に英語の学習ができますし、スマホ用のアプリも用意されているため使い勝手も良いかと思います。

ハニ太郎
ハニ太郎
英語の学習は隙間時間で♪

一週間は無料で利用できるようなので肌感が合うか確かめてみるのはアリだと思います。

まとめ

まとめ

エンジニアが+αで英語力を身につけると以下3つのメリットが得られる。

  1. 転職や昇進に有利になる
  2. 最新技術をいち早くキャッチできる
  3. 海外プロジェクトにアサインできる

エンジニアに求められるスキルを身につけつつ、本末転倒にならない程度に英語学習にも力を入れていくのが良いかと思います。

ハニ太郎
ハニ太郎
普段のエンジニア業務ならびに英語学習ファイトです!!!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です