エンジニア

【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!

エンジニアの市場価値診断

現在エンジニアとして働いているけど「果たして自分は適正年収を貰えているのだろうか?」とふと感じたことはありませんか?

会社勤めを何年も続けていると市場におけるあなたの価値、すなわち”市場価値”が不明瞭となり漠然とした不安を持たれているエンジニアの方も多いことかと思います。

そこで本記事ではエンジニアとして働かれている方向けに市場価値を診断しておくべき理由や市場価値診断サイトを紹介いたします。

  • エンジニアの市場価値を決める要素
  • 自分の市場価値を知るべき理由
  • 市場価値を測定する方法

本記事を最後まで読んでいただくことで上記の内容が理解できることでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
本記事の内容を参考にエンジニアとしての市場価値を診断してみよう♪

エンジニアの市場価値を決める要素

How to

まずはじめにエンジニアの市場価値を決める要素について知っておいた方が良いでしょう。

具体的には以下の要素を基にエンジニアの市場価値が診断ツールなどにより診断されます。

  • 経験業務と年数
  • マネジメント経験
  • 資格や職歴・経歴
  • 学歴(←若いうちは)

後に紹介する市場価値診断ツールでは上記の項目などを入力することでエンジニアとしての市場価値を算出していくわけです。

上記項目の中でもエンジニアとしての市場価値を測定する際に特に重要となってくるのが「経験業務と年数」になります。

需要の高い技術の業務経験(特に要件定義や設計)が豊富だと、自ずとエンジニアとしての市場価値も高く算出されるはずです。

一方で、業務経験はあまりないが資格や学歴のみ有しているといった場合はそこまで高い市場価値は算出されないでしょう。

エンジニアの市場価値は主に経験業務や年数といった要素により算出される。

 

エンジニアが市場価値を把握しておくべき理由

FAQ

では、エンジニアはなぜ市場価値を把握しておくべきか?本章でお伝えしていきます。

大きく以下の理由が挙げれるでしょう。

  • 適正年収を知ることができる
  • 市場価値を上げる方法がわかる
  • 転職先を選定する際に役立つ

自身の適正年収を知ることができれば現在の給料が妥当か判断できますし、転職を選択肢の一つとして持つことができます。

また、現在の自身のスキルを棚卸することで今後エンジニアとして市場価値をどのように高めていけばよいか判断できるでしょう。

その判断に基づき転職先を探すないしフリーランスエンジニアとして今後は働いていくといった選択をするのが楽になります。

自身の市場価値を把握することで今後のキャリアの方針が定まっていく。

 

エンジニアにおすすめしたい市場価値診断ツール3選

市場価値診断サイト

ここまで記事を読み進めていただけた方なら自身のエンジニアとしての市場価値を把握しておくべきだと思われていることでしょう。

そこで本章ではエンジニアとしての市場価値を診断するツールを3つご紹介いたします。

なお、なるべく正確な市場価値を知るべく複数の診断ツールを利用するのがおすすめです。

市場価値診断ツール①ミイダス

ミイダス

ミイダスは、株式会社ミイダスが運営している市場価値診断ツールになります。

7万人の転職データから類似した経歴・スキルを持つユーザーへのオファー実績から市場価値を診断する仕組みで、簡単な質問に答えていくだけなので非常に手軽です。

また、ミイダスは市場価値を測定するだけではなく、経歴やスキル情報をもとにあなたを求める企業から直接オファーが届く仕組みも兼ね備えているので登録して損はないでしょう。

ミイダスの詳細

 

市場価値診断ツール②doda

doda

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する市場価値診断ツールになります。

doda会員186万人のビッグデータと複雑なアルゴリズムからあなたの市場価値を算出するサービスで、所要時間はおよそ3分です。

dodaは転職エージェントゆえ、市場価値の診断結果を基にあなたの希望に沿った転職支援をしてくれる点が特徴的と言えるでしょう。

dodaの詳細

 

市場価値診断ツール③pasona carrer

pasona career

pasona careerは、株式会社pasonaが運営する市場価値診断ツールになります。

所要時間は3分ほどで、簡単な質問に答えたあと学歴・職歴を記入するだけで市場価値を算出してくれるサービスです。

また、dodaと同様に診断後の転職サポートも受けることができるのが特徴となります。

pasona careerの詳細

 

ミイダス・doda・pasona careerなどの市場価値診断ツールを用いてあなたの適正年収を算出してみましょう。

 

【おまけ】正確な市場価値を知るなら転職エージェント

転職エージェント

前章でエンジニアとしての市場価値診断ツールをご紹介しましたが、やはり正確な市場価値を知るのであれば転職エージェントに登録して自身の情報を提供するのが良いでしょう。

「市場価値診断ツールの結果では不安」「正確な市場価値をしっかり把握しておきたい」という方は以下におすすめの転職エージェントを掲載しておくので、リンクから登録したら実際にエージェントの方と面談してみてください。

とりあえずは上記2つのエージェントに登録しておけば問題ないかと思います(^^)

どちらもエンジニア向けの転職エージェントで豊富な情報量と実績があるので転職を考えている方はこの機に登録しておきましょう。

正確な市場価値を把握するなら転職エージェントへの登録がおすすめ。

 

診断後はエンジニアとしての市場価値向上に努めよう!

エンジニアの市場価値診断

ここまでエンジニアにとっての市場価値の重要性や市場価値診断ツールの紹介などしてきましたがいかがだったでしょうか?

まずは行動!ということで本記事で紹介した診断ツールないし転職エージェントで市場価値の測定をまずはしてみるのが良いでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事が市場価値診断に興味を持つエンジニアのお役に少しでも立てたのなら幸いです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です