ノーコード

【3分でわかる】Adaloとは?ノーコードでネイティブアプリ開発

adalo-nocode
アプリの開発にはプログラミング力が必要なのは分かってるけど、正直それが簡単に習得できるようなら誰も苦労しないよ・・・。

よくある悩みですが、ノーコードを活用することで誰でも簡単にアプリ開発ができるようになるため上記の課題はクリアになるはずです。

本記事では、そんなノーコード開発ツールの中でもネイティブアプリ開発に特化したAdaloについて紹介していきたいと思います。

たろう
たろう
本記事を最後まで読むことでAdaloの基礎をしっかりと押さえることができるはずです♪
nocode-side-job
【土日で稼ぐ】ノーコードの副業におすすめの求人サイト3選ノーコードの副業におすすめの求人サイトは?本記事では土日を有効活用して自身のノーコードのスキルを用いて副業収入を得たいと考えている方向けにおすすめの求人サイトを紹介しております。...

Adaloとは?ネイティブアプリ開発に特化したノーコードツール

nocode-difinition

Adaloとはソースコードを記述することなくネイティブアプリ開発ができるサービスです。

従来のプログラミング開発のようなコーディングは不要で、テンプレートを選びパーツを組み合わせていくだけでネイティブアプリを簡単に開発することができてしまいます。

Adaloは数あるノーコードツールの中でも人気が高く、ネイティブアプリ開発に興味のある人にとっては最適な選択となると言えるでしょう。

Adaloはネイティブアプリ開発に特化したノーコードツールの代表格。

 

Adaloを利用するメリット

nocode-merit

ノーコード開発ツールの中でもAdaloを利用するメリットは大きく以下となります。

  • コードを書かずに開発可能
  • テンプレートの種類が豊富
  • 学習コストが低い

コードを書かずに開発可能

先述の通り、Adaloではソースコードを記述することなくネイティブアプリを開発することができます。コードを書かないので、開発工数を大幅に短縮することができるはずです。

これはある意味ではノーコード開発ツール共通のメリットとも言えるかもしれません。

テンプレートの種類が豊富

Adaloでは数多くのテンプレートが用意されているので、その流れに沿って開発することで誰でも直感的にデザイン性の優れたネイティブアプリを開発することができます。

なお、Adaloで用意されているテンプレートについては公式サイトにて確認可能です。

学習コストが低い

Adaloは学習コストをほとんどかけずにアプリ開発ができてしまいます。後述しますが、アプリの共同開発をする際も学習コストが低い点は非常に大きなメリットと言えるでしょう。

個人的に一番おすすめのノーコードツールBubbleだとプログラミングを一から学ぶほどではないですが、学習コストが結構かかってしまいます。なので、あまり学習コストをかけずにアイデアをとりあえず形にしたいという方にAdaloは適していると言えるでしょう。

whats-bubble
【5分でわかる】Bubbleとは?ノーコードでWebアプリ開発 よくある悩みですが、ノーコードを活用することで誰でも簡単にアプリ開発ができるようになるため上記の課題はクリアになるはずです。 ...

Bubbleについては上の記事で詳しく解説しているので、汎用的なWebアプリ開発サービスに興味がある方は併せて確認してみてください。

Adaloのメリット
  • コードを書かずに開発可能
  • テンプレートの種類が豊富
  • 学習コストが低い

Adaloを利用するデメリット

nocode-demerit

一方で、Adaloを利用するデメリットとしては以下が挙げられるでしょう。

  • 自由度が低い
  • 英語が標準言語

自由度が低い

テンプレートを利用して誰でも簡単にデザイン性の優れたアプリを開発できるのはAdaloの大きなメリットです。ただ裏を返せば自由度の高い凝ったデザインなどは実現できません。

基本的にAdaloで開発されたアプリはどれも似通ったデザインになってしまいます。そのため、独自性を表現したいという場合はカスタム開発を行なった方が良いと言えるでしょう。

英語が標準言語

Adaloはアメリカ発のサービスです。アプリ内の表記は英語ですし、Adalo公式が提供しているラーニングサイトAdalo App Academyも全て英語で解説されております。

今でこそ日本語でのAdaloに関する情報も増えてはきていますが、まだまだ国産のサービスと比べると少ないのが現状です。

adalo-learning
【2022年版】Adaloの使い方を知るのにおすすめの学習コンテンツ3選モバイルアプリ開発を簡単に行えるノーコードツールとしてよく名前が挙がるAdalo。 本記事ではそんなAdaloの使い方を知る上で、...

なお、Adaloの学習におすすめの学習コンテンツについては上の記事で紹介しているので気になる方は併せて確認してみてください。

Adaloのデメリット
  • 自由度が低い
  • 英語が標準言語

Adaloの料金プラン

nocode

Adaloでは以下5つの料金プランが用意されています。※最新の情報は公式サイトにて。

プランFreeStarterProfessionalTeamBusiness
料金/月$0$45$65$200$250
アプリ公開数×12510
App Action1,000件10,000件30,000件100,000件1,000,000件
編集者数11510無制限

お試しでAdaloを利用するなら無料プランで十分でしょう。プロトタイプ開発には良いと思いますが、多くのユーザーを抱えるアプリだと厳しいないし割高となってしまいます。

スモールスタートでとりあえずアイデアを形にしたいという場合は上記の料金プランを参考にしてAdaloの学習に着手するのが良いかと思います。

お試し利用なら無料プランで十分。ユーザー数を多く抱えるようなアプリには不向きなのでプロトタイプの開発と一定割り切る必要はある。

Adaloを利用してできないこと|ノーコードの限界

nocode-demerit

ネイティブアプリ開発ができるAdaloですが、ノーコード開発ツールであるがゆえの限界が存在します。その限界を知った上で開発にAdaloを利用するか決断しましょう。

Adaloでできないこと(限界)の代表例は以下の5つかと思います。

  1. 複雑な機能要件を持つアプリの開発
  2. 実行速度が求められるシステムの開発
  3. PC画面の開発
  4. 柔軟なレイアウトの実装
  5. iOS Widgetの実装

各項目(Adaloでできないこと)については以下の記事で詳細に解説しているので、気になる方は併せて確認してみてください。

adalo-impossible
【決定版】Adaloでできないことは?限界とデメリットについてAdaloでできないことは?モバイルアプリ開発に特化したノーコードツールAdaloでできないことやデメリットについて解説しております。本記事を読むことでAdaloの限界を知ることができるでしょう。...

また、Adaloでできないことへの対策についても記事の中で紹介しているので、Adaloの限界を理解した上で活用する際に役立つはずです。

Adaloにはノーコード開発ツールゆえの限界が存在する。

 

Adaloの評判

object

本章ではTwitter上でのAdaloの評判を参考がてら掲載しておきたいと思います(^^)

Adaloの良い評判

  • 素早く開発できる
  • 直感的な操作で開発できる

Adaloの悪い評判

  • 自由度が低い
  • DB管理がしづらい

Adaloとは?|まとめ

adalo-nocode

ここまでAdaloとは?といった定義からメリットやデメリット、Adaloについて知っておくべきことについてお伝えしてきました。

ノーコード開発ツールの中でもAdaloは特に人気の高いツールとなります。本記事を取っ掛かりにAdaloについてより深く学んでいただけると幸いです。

たろう
たろう
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

当ブログでは他の記事でもAdaloについて解説しているため、気になる記事があればそちらも併せて確認してみてください。

adalo-learning
【2022年版】Adaloの使い方を知るのにおすすめの学習コンテンツ3選モバイルアプリ開発を簡単に行えるノーコードツールとしてよく名前が挙がるAdalo。 本記事ではそんなAdaloの使い方を知る上で、...
adalo-development
【完全版】Adaloのアプリ開発事例5選これからノーコードツールAdaloについて学習される方やツールの導入を検討している企業担当者の中には以下のような疑問や考えを持つ方が少な...
adalo-impossible
【決定版】Adaloでできないことは?限界とデメリットについてAdaloでできないことは?モバイルアプリ開発に特化したノーコードツールAdaloでできないことやデメリットについて解説しております。本記事を読むことでAdaloの限界を知ることができるでしょう。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です