プログラミング

【2021年版】Go言語の学習におすすめの入門書5選

Go言語の学習におすすめの入門書

数あるプログラミング言語の中で最近人気の言語といえばGo言語が挙がるでしょう。

実際に数多くの開発現場でGo言語が用いられるようになってきている状態です。

そこで本記事では、時流を読みGo言語の学習を検討している方向けにおすすめの入門書を厳選して5冊ご紹介していきたいと思います。

ハニ太郎
ハニ太郎
Go言語に興味のある初学者の方はぜひ最後まで記事をご覧ください♪

【入門】そもそもGo言語とは?

クエスチョンマーク

Go言語はGoogleにより開発されたプログラミング言語で、シンプルかつ高速な処理が可能という点が他の言語と比べて特徴的です。

YouTubeやぐるなび、メルカリなどの大規模なWebサービスでもGo言語が用いられていることからその処理性能の高さが伺えます。

また、シンプルな構文であることから誰が読んでもわかるプログラムを書きやすいため、大規模開発にも向いている言語と言えるでしょう。

Go言語はGoogleによって開発されたプログラミング言語で、シンプルかつ高速な処理が可能という特徴を持つ。

 

【2021年版】Go言語の学習におすすめの入門書5選

エンジニア

それでは前置きはこれくらいにして、本題であるGo言語の学習におすすめの入門書を厳選して5冊紹介していきたいと思います。

おすすめ本①たった1日で基本が身に付く!Go言語超入門

1冊目に紹介するおすすめ本は『たった1日で基本が身に付く!Go言語超入門』です。

本書は, Go言語によるプログラミングを学ぶための入門書です。開発環境のインストールから始まり, Go言語の基本を解説しており、最初の1冊目として最適です。Go言語によるプログラムの作り方の基本から条件分岐や繰り返し、関数、構造体など文法を学習し、最後に入出力、画像処理、並列処理、Go言語によるWebサーバーなどを作成して基礎を固めていきます。出典:Amazon

当書はタイトル通りGo言語の基本について解説した書籍で、カラフルかつ図が豊富に用いられているため初学者の方でも躓くことなく学習を進めることができるでしょう。

Go言語の重要項目である並列処理についてもわかりやすく解説されているため、Go言語を基本から学びたい人におすすめの一冊です。

当書を皮切りにより難易度の高い書籍でGo言語の応用的な使い方などを理解していくのが良いかと個人的には思います。

Go言語の基本についてカラフルかつ豊富な図を用いてわかりやすく解説されているため挫折しづらいのが特徴。

 

おすすめ本②スターティングGo言語

2冊目に紹介するおすすめ本は『スターティングGo言語』になります。

本書は、Goプログラミングをこれから始める方のための学習書です。Go言語の基本的な構文から、特徴的な機能、開発ツールや使用頻度の高いパッケージの使い方まで、実際にプログラムを書いてみたい方に必要な知識を解説しています。出典:Amazon

当書では構文や動作について「なぜ・どうして?」という点から解説しているため、着実に理解を深めながらGo言語について学習可能です。

また、Go言語の解説のみならず開発ツールや使用頻度の高いパッケージの使い方についても解説されているため、現場で使える実践的なスキルが身につきやすいと言えるでしょう。

個人的にはGo言語ならではの特徴的な機能や使い方について解説されている点から、PythonやPHP、Rubyなど他の言語を既に習得済みである方におすすめしたい書籍です。

Go言語の構文や動作について「なぜ・どうして?」という点から解説しているためスッキリと理解できる。また、周辺ツールについても解説されているため現場で使える実践的なスキルが身につきやすい。

 

おすすめ本③Goプログラミング実践入門

3冊目に紹介するおすすめ本は『Goプログラミング実践入門』になります。

この本ではプログラミング言語Goとその標準のライブラリだけを使って、ゼロからWebアプリケーションを開発するのに必要な事柄を解説します。ほかのライブラリやその他のトピック(Webアプリケーションのテストやデプロイなど)について解説するページもありますが、Go言語の標準ライブラリのみを用いたWeb開発を解説することがこの本の主目的です。 出典:Amazon

当書は”Go言語を用いたWebアプリケーション開発”に重きを置いた書籍なので、Go言語を習得する目的がWebアプリの開発であるという方に特におすすめしたい一冊です。

Webアプリケーションのテストやデプロイ方法についても解説されているので、当書でGo言語を用いたWebアプリ開発のイロハをまとめて知ることができるでしょう。

ただ、Go言語の基本的な構文などに関する知識を有していることを前提とした書籍なので、Go言語初学者の方は先に紹介した入門書を先に読んでおくことをおすすめします。

Go言語を用いたWebアプリ開発のイロハについて知ることができる。Webアプリ開発に興味のある方が2冊目に手に取るのにおすすめの書籍。

 

おすすめ本④みんなのGo言語

4冊目に紹介するおすすめ本は『みんなのGo言語』になります。

2016年に刊行し好評いただいた「みんなのGo言語」の改訂版です。全章を最新の内容にアップデートし、「第7章 データベースの扱い方」を新規で書き下ろします。ますます注目の集まるGoを現場で使うためのノウハウが1冊に凝縮されています! 出典:Amazon

当書は端的に言うと、現場でGo言語を使うためのノウハウが詰まった書籍です。

「現場ではこのようにGo言語を用いる」といった話が主になりますので、Go言語の基本文法などについては詳しく解説されていません。

そのため、現場レベルのGo言語スキルを習得したいと考えている方が2冊目に読む本として当書は最適かと個人的には思います。

現場でGo言語を使うためのノウハウが詰まった書籍。本格的にGo言語を習得したい方が2冊目に手に取るのにおすすめの一冊。

 

おすすめ本⑤入門Goプログラミング

5冊目に紹介するおすすめ本は『入門Goプログラミング』になります。

比較的小さいけれど、どのようなスキルのプログラマ(含む予備軍)にとっても有用で有益なプログラミング言語がGoです。本書は2009年に発表され、以来、コンパクトさとシンプルさを残したまま、さまざまなスキルをもったプログラマに愛される言語として成長してきたGo言語を意のままに操れるレベルを目指せる学習書です。出典:Amazon

当書は豊富なサンプルや練習問題に取り組むことでGo言語の基礎が身に付くという構成になっており、Web上に実行環境も用意されていることから初学者向けと言えるでしょう。

単元ごとに理解度チェックをしながら着実にGo言語のスキルを習得したいという方に個人的にはおすすめしたい一冊です。

豊富なサンプルや練習問題が用意されているため、着実に理解度をチェックしながら学習を進めていきたい方におすすめ。

 

入門書を手に取りGo言語の学習を進めていこう!

Go言語の学習におすすめの入門書

さて、ここまでGo言語の学習におすすめの入門書を紹介してきましたがいかがでしたか?

どの技術を習得する際にも言えることですが、実際に手を動かすことが技術習得には何より重要なので、書籍を眺めるだけではなくプログラムをどんどん書いてみてください。

そうすれば自然とGo言語を使いこなせるようになるはずなのであとは実践あるのみです。

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がこれからGo言語の学習を考えている方のお役に少しでも立てたのなら幸いです!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です