インフラ

【入門】Jenkinsとは?学習方法含めわかりやすく解説

Jenkinsとは?

本記事ではJenkinsとは?という入門的内容から学習方法について初学者でも理解できるようなるべくわかりやすく解説しております。

ハニ太郎
ハニ太郎
Jenkinsを習得を目指している方は是非最後まで記事をご覧ください♪

Jenkinsとは?わかりやすく解説

クエスチョンマーク

Jenkinsとは継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)を実現するためのソフトウェアになります。

CI/CDとは、ソフトウェアの変更を常にビルド・テストして自動で本番環境にリリース可能な状態にしておくソフトウェア開発の手法です。

Jenkinsは歴史が長いソフトウェアでJavaが動く環境でなら動作する汎用性の高さとコミュニティが大きいことからプラグインが豊富に用意されているという特徴を持ちます。

DevOps

上図はDevOpsの解説をする際によく用いられるものですが、Jenkisではこの図でいうビルドからデプロイの部分までを自動化することで業務効率化を図ることができるのです。

要するにJenkinsは開発と運用を繋ぐ重要な架け橋的な存在と言えるでしょう。

Jenkinsとは、CI/CDを実現するためのツール。開発と運用業務をシームレスに繋ぐ際に重要な役割を果たす。

 

【入門】Jenkinsの学習方法についてわかりやすく解説

特徴

では、そんなJenkinsについて学習するにはどうすればいいのか?本章で解説します。

具体的には以下2つの方法のどちらかでJenkinsの基礎について学び、あとは実践経験を積んでいくのが良いと言えるでしょう。

  • サイトでJenkinsの基礎について学ぶ
  • 入門書でJenkinsの基礎について学ぶ

サイトでJenkinsの基礎について学ぶ

無料でJenkinsについて学習したいという初学者の方であれば『サルでもわかるJenkins入門』というサイトがおすすめです。

Jenkinsの環境構築からGitHubとの連携、サーバーへの自動デプロイ方法など基本的な内容について体系的に学習することができます。

有料でも構わないという初学者の方であればUdemyに登録後、自分に合ったJenkinsの講座を探してみるのが良いでしょう。

Udemyの講座なら、より実践的なJenkinsの使い方について学ぶことができるはずです。

入門書でJenkinsの基礎について学ぶ

入門書でJenkinsについて学ぶ場合は『Jenkins実践入門』という書籍がおすすめです。

インストールなどの基本から、JUnitによるテストといった内容はもちろんのこと、さまざまなソースコード管理システムとの連携やおすすめプラグインの紹介、さらには認定試験についても説明します。チームの一員として上手に迎えるための実開発のポイントがわかります。出典:Amazon

当書では引用部に記載の通り、Jenkinsを業務で利用する際に必要となる基礎的な内容について体系的に幅広く解説されております。

他にもJenkins関連の書籍はありますが、初学者が最初の一冊として選ぶのであれば、現状『Jenkins実践入門』一択だと思います。

無料の学習サイトなら『サルでもわかるJenkins入門』がおすすめ。入門書なら『Jenkins実践入門』がおすすめ。

 

【おまけ】Jenkinsの世間での評判

本章ではこれからJenkinsの学習を検討している方向けに参考がてら世間でのJenkinsの評判(Twitter内)を以下に掲載しておきます。

 

Jenkinsとは?学習方法もわかりやすく解説【まとめ】

Jenkinsとは?

ここまでJenkinsとは?という定義から学習方法や世間での評判について、初学者の方でも理解できるようなるべくわかりやすく解説してきましたがいかがだったでしょうか?

本記事を読んでJenkinsに興味を持たれた方はぜひ学習を開始してみてください(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がJenkinsについて知る上で少しでもお役に立てたのなら幸いです。ではっ!

Dockerとは?
【5分でわかる】Dockerとは?わかりやすく解説してみたDockerとは?いまやエンジニアにとって必須のスキルとも言えるDockerについて本記事では初学者でも理解できるようなるべくわかりやすく解説しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です