エンジニア

【未経験から】AWSエンジニアを目指すならRaiseTech一択

RaiseTech

急速なクラウド需要増、とりわけ最多シェアを誇るAWSの需要が高まっている昨今においてAWSエンジニアの価値が年々上がっております。

そのような世の中の流れを汲み取り、AWSエンジニアを目指そうと考えられている方が当記事を読まれていることでしょう。

そこで本記事では未経験からAWSエンジニアを目指されている方向けに以下の項目について解説していきたいと思います。

  • そもそもAWSエンジニアとは?
  • AWSエンジニアの需要と将来性
  • 未経験からAWSエンジニアになるための方法論について
  • AWSエンジニアを目指す方におすすめのスクールRaiseTechについて

先に結論をお伝えしておくと、未経験からAWSエンジニアを目指すならRaiseTechというスクールに通うのが最も再現性が高くておすすめといった内容の記事です(^^)

※ちなみに筆者は普段の業務でAWSを扱っている現役のエンジニアになります。

ハニ太郎
ハニ太郎
AWSエンジニア志望の方は是非最後まで記事をご覧ください♪

そもそもAWSエンジニアとは?

クエスチョンマーク

AWSエンジニアとは、クラウド製品の中でも特にAWSについての深い知識とスキルを持ち合わせたエンジニアのことを指します。

クライアントの要件に沿ったアーキテクチャ設計やインフラの構築、オンプレミスからクラウドへの移行など業務内容はさまざまです。

AWSエンジニアとは端的にAWSのサービスに特化したエンジニアを指す。

 

AWSエンジニアの需要と将来性

需要が高い

本章ではAWSエンジニアの需要と今後の将来性について端的にお伝えいたします。

AWSエンジニアの需要

冒頭にもお伝えした通り、クラウド化の流れからAWSを扱えるエンジニアの需要は年々高まってきているのが現状です。

また、以下のグラフが示すようにAWSのシェア率は全体のおよそ40%と非常に高いため、どのクラウドサービスから学習を始めるか迷われている未経験者の方はとりあえずAWSを選んでおけば大きく失敗することはないでしょう。

クラウドのシェア出典:ITmedia NEWS

現役エンジニア目線でもAWSの需要が一気に減少するといったことはまず考えられないですし、AWSの求人サイトなどを見てもその他のエンジニアと比べて平均年収が高いのでAWSエンジニアを目指す価値は大いにあるといえます。

AWSエンジニアの将来性

AWSエンジニアの将来性は高いといえます。

クラウドサービスの需要は今後も伸びていくことが想定されるのに加えて、規模の経済という観点でもAWSは今後もより良いサービスへ育っていくと考えられるからです。

なお、個人的にはMicrosoft Azureの台頭によりAWSのシェア率は想定的に下がると予想してはいます。(特段問題ないですが笑)

AWSはシェア率40%ほどと非常に高い上、年収も相対的に高いため、AWSエンジニアの将来は明るいと言える。

 

未経験からAWSエンジニアになる方法について

How to

少し前置きが長くなってしまいましたが、本章では未経験からAWSエンジニアになるための方法について解説していきます。

未経験からAWSエンジニアになる方法として以下の4パターンが挙げられるでしょう。

  1. 独学×その他エンジニア経由
  2. スクール×その他のエンジニア経由
  3. 独学×直接AWSエンジニア
  4. スクール×直接AWSエンジニア

上の中からあなたの立場(年齢や職歴など)に合ったルートを進んでいくことになります。

自分に合ったルートの選定に悩まれる方も多いかと思いますので、参考がてら私の意見を以下に記載しておきます(^^)

まずは独学を検討。独学の時間がない、ないし効率性を求める方はスクールを検討。直接AWSエンジニアになるのが理想だが、まずはインフラエンジニアとしてAWSを扱える企業に就職してその後AWSエンジニアに転身するのも一つの手。また、AWSエンジニアになるための最も再現性が高い方法はスクールの就職・転職支援制度を活用するパターンというのが個人的な意見。

なお、上記を参考に独学でAWSエンジニアを目指そうと思われた方は以下の記事でAWSの学習方法を解説しているので参考にしてみてください。

AWS学習方法
【羅針盤】0からのAWS学習手順を初学者向けに解説AWSを使いこなせるようになりたい!そんな初学者の方向けに本記事では効率的な0からのAWS学習手順について解説しております。...

スクールに通う経済的な余裕があり、効率的にAWSエンジニアを目指そうと考えている方は次の章でおすすめのスクールであるRaiseTechの紹介をしておりますので、この先も読み進めていただけると幸いです(^^)

AWSエンジニアになる方法は、独学orスクール×直接or経由の合計4パターンあり、自分に合ったスタイルで目指すのが良い。

 

AWS未経験者になぜRaiseTechをおすすめするのか?

RaiseTech

前章でスクールを検討するに至った方向けに本章ではAWSエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクールであるRaiseTechについてお伝えしていきたいと思います。

RaiseTechの概要と特徴

RaiseTechは最速で稼げるエンジニアになるための実践的なWebエンジニアリングスクールで、以下のような特徴があります。

  • 実際の現場で求められる技術に特化して教えてくれる”現場主義”
  • まさに今求められる技術をリアルタイムで教えてくれる”現役講師”
  • 未経験者でもプログラミング学習で挫折しないための”徹底サポート”
  • スクール後のキャリアをサポートするための”就職・転職支援制度”

これらの特徴と次節で紹介するAWSコースを扱っている点から、RaiseTechはAWS未経験者が実際の現場に就職ないし転職する上で最適なスクールの一つだと言えるでしょう。

RaiseTechの学習コース

RaiseTechが提供する学習コースの中でもAWSエンジニアを目指されている方におすすめなのは”AWSフルコース”になります。

AWSフルコース

AWSフルコースの内容をざっくりと説明すると、受講料¥398,000(学生は¥238,000)で約4ヶ月の期間をかけて現場で通用するAWSのスキルが身に付くといった内容です。

なお、早割特典により受講のふたつ前の月のうちに申し込みをすると受講料が10%OFFとなります。(※ただし学割との併用は不可)

AWSフルコースの詳細

RaiseTechの口コミ・評判

以下、Twitter上でのRaiseTechの口コミ・評判を参考までに掲載しておきます。

RaiseTechをおすすめしたい理由

これまでの話を踏まえて未経験からAWSエンジニアを目指される方向けにRaiseTechをおすすめしたい理由を以下に掲載しておきます。

  • 現場で求められるAWSのスキルが短期間で身につく。
  • 早期特典・学割を駆使すれば受講料を安く押さえられる。
  • サポートが充実しているため未経験者でも挫折しづらい。
  • 就職・転職支援制度により通常よりAWSエンジニアになりやすい。

なお、AWSフルコースの詳細や料金、就職・転職支援制度などについてはRaiseTechの無料説明会にて確認してみてください。

無料説明会に申し込む

 

まずはRaiseTechの無料説明会に申し込んでみよう!

RaiseTech

未経験からAWSエンジニアを目指されている方向けにAWSエンジニアという職種の概要からおすすめのプログラミングスクールを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

何事もやってみなければわからないもの!まずはRaiseTechの無料説明会に参加して色々と話を聞いてみることをおすすめします。

無料説明会に申し込む

ここまで記事を読み進めていただきありがとうございました!本記事が未経験からAWSエンジニアを目指されている方のお役に少しでも立てたのなら幸いです(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
優秀なAWSエンジニアになれるようこれからは努力の日々です!お互いに頑張りましょう♪
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です