プログラミング

【2019年版】JavaフレームワークならSpring Framework一択である3つの理由

JavaフレームワークならSpring Framework一択である3つの理由

Java界におけるフレームワーク百花繚乱時代は次第に淘汰され落ち着きつつあります。

そういった時代背景の中でデファクトスタンダードの地位を確立したフレームワーク、それが今回紹介する「Spring Framework」です。

本記事ではJavaのフレームワーク選びに迷われている方向けにSpring Frameworkをおすすめしたい3つの理由についてお伝えしていきます。

本記事を読めば以下が分かる!
  • Spring Frameworkの概要
  • Spring Frameworkの特徴
  • Spring Frameworkを選ぶべき理由
  • Spring Frameworkのおすすめ書籍
ハニ太郎
ハニ太郎
Javaのフレームワーク選びに悩まれている方はぜひ最後まで記事を読んでみてください♪

▼Javaおすすめスクールはこちら▼

Javaおすすめプログラミングスクール
【初心者向け】Java学習におすすめのプログラミングスクール5選Javaを学習するのにおすすめのプログラミングスクールを5つ紹介。プログラミングスクールはJava学習に必須ではありませんが、学習のショートカットに役立ちます。...

Spring Frameworkの概要

Spring Frameworkの概要

Spring Framework」とは、DIをベースとした様々な機能を提供する統合フレームワークで、単にSpringと呼ばれることもあります。

以下の図に「Spring Framework」の全体像を簡単にまとめてみました。

SpringFrameworkの全体像

上の図のポイントはSpring Frameworkとはあくまで全体を指すもので、たくさんのフレームワークの集合体であるということです。

ハニ太郎
ハニ太郎
要は色んな呼び名の付いた機能が集まったフレームワークがSpring Frameworkなんだ♪

上の図で挙げたのはSpring Frameworkに含まれるフレームワークの一部に過ぎません。

現時点では「Spring Frameworkではそれだけ多くの機能が提供されているのか」となんとなくわかっていただければ良いかと思います。

Spring Frameworkの特徴

そんなSpring Frameworkの特徴としては大きく以下の2つが挙げられます。

  • DI(依存性の注入)
  • AOP(アスペクト指向プログラミング)

DI(依存性の注入)

DI(依存性の注入)はソフトウェアのデザインパターンの一つで制御の反転を実現します。

つまり、DIを用いることでコンポーネントを構成するインスタンスの生成と依存関係の解決をソースコードから分離することができるのです。

DI
ハニ太郎
ハニ太郎
よく分からないよという方は「分離させて外から注入するための仕組みがSpring Frameworkには備わっているんだなぁ」と思っていただければ今はOKです♪

DIを実現することによるメリットを以下で簡単にまとめておきます。

  • コードの可読性が上がる
  • テストが容易になる
  • 拡張性が高い

Spring Framework全体としてDIをベースに設計されているため、新しいライブラリを追加する度に設計を一から覚え直すといった手間はかからないでしょう。

AOP(アスペクト指向プログラミング)

AOP(アスペクト指向プログラミング)とは複数のクラスに点在する横断的な関心ごとを中心に設計や実装を行うプログラミング手法です。

AOP

AOPを利用することで、DIによって分離されたインスタンスに外部から共通的な機能を入れ込むことができるようになります。

ハニ太郎
ハニ太郎
AOPに関しても現時点では「そんなプログラミング手法があるんだな」と思っていただければOKです♪

Spring Frameworkを選ぶべき3つの理由とは?

これまでの話を踏まえて、本章では「Spring Framework」を選ぶべき以下3つの理由についてお伝えしていきたいと思います。

  1. SpringBootによる高速開発が可能
  2. 幅広い利用範囲→汎用性が高い
  3. Spring Tool Suiteの存在

①SpringBootによる高速開発が可能

SpringBoot」とはJavaのWebアプリケーションフレームワークで、これを利用することで高速にWebアプリを開発できてしまいます。

ハニ太郎
ハニ太郎
SpringBootはRailsライクとも言われる効率的で高速開発のできるフレームワークだよ♪

もう少し噛み砕いて説明すると、SpringBootはSpringFrameworkのライブラリ類を組み合わせて最良のWebアプリ環境を素早く構築するためのスターターキット的なものです。

②幅広い利用範囲→汎用性が高い

Spring FrameworkはJavaアプリケーション開発全般で利用することを考えられているため、Web以外の分野でもいくつかの機能を利用することができるのです。

これは他のプログラミング言語のフレームワークにない汎用性の高さをSpringFrameworkは実現することができていると言えるでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
Javaアプリケーション開発全般で利用できるからSpring Frameworkさえ覚えておけばOK♪

③Spring Tool Suiteの存在

Spring Tool Suite」とはEclipseをベースにSpring Framework利用のための各種ライブラリを追加して作成された開発ツールです。

Spring Tool Suiteを利用することで必要な処理が自動化されコードの作成のみに注力することができるようになります。

ハニ太郎
ハニ太郎
Spring Framework用の便利ツールが用意されているなんて素敵♪

Spring Frameworkの学習におすすめの書籍

本章ではこれまでの話を踏まえて、Spring Frameworkについて学びたいと思われた方向けにSpring Frameworkのおすすめ本を紹介したいと思います。

はじめに紹介しておくと『Spring徹底入門』という書籍が個人的にはおすすめです。

Spring Frameworkの基礎から開発時の指針まで! 定番OSSフレームワークによるJavaシステム開発の入門書!
出典:Amazon

当書ではSpring Framework最大の特徴であるDI・AOPの解説をはじめ各ライブラリについて詳しく解説されています。

ハニ太郎
ハニ太郎
Spring Frameworkを極めたいという方にぜひ読んでほしい一冊だよ♪

ただし、『Spring徹底入門』という割には難易度が結構高いため、Javaを勉強して間もないという方には厳しい内容かと思います。

そういった方におすすめの本は以下の『SpringBoot2プログラミング入門』です。

Javaの基本さえしっかり押さえていればチンプンカンプンといったことはおそらくないかと思うので、自分の知識に不安のある方はこちらから学習を始めるのが良いかと思います。

Javaの基本はまず押さえておこう!

Spring Frameworkがどういったものか大体理解できましたでしょうか?

Javaのフレームワークを現時点で一つ選ぶなら間違いなくSpring Frameworkがおすすめですが、それよりも大事なのがJavaの基本をしっかり押さえておくことです。

ハニ太郎
ハニ太郎
Spring Frameworkの学習を急ぐよりまずはJavaの基本をしっかり押さえよう♪

まだJavaの知識に不安を持っているという方は以下の記事を参考にしてみてください。

Javaを使ったWebアプリケーションを開発するまでの学習手順
Javaを使ったWebアプリケーションを開発するまでの学習手順Javaを使ったWebアプリケーションを開発できるようになるための学習手順について初心者向けに解説。Javaの入門書や学習サイト、プログラミングスクールも記事内で併せて紹介しております。...

Spring Framework【まとめ】

まとめ

Spring FrameworkはDIをベースとした様々な機能を提供する統合フレームワークで、以下3点の理由からおすすめ。

  1. SpringBootによる高速開発が可能
  2. 幅広い利用範囲→汎用性が高い
  3. Spring Tool Suiteの存在

兎にも角にもまずはJavaの基本をしっかり押さえるのが先決である。

JavaフレームワークのデファクトスタンダードであるSpring Frameworkを身につければ幅広い分野で活躍することができるはずです。

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪大変かと思いますがSpring Frameworkの学習頑張ってください!

▼Javaおすすめスクールはこちら▼

Javaおすすめプログラミングスクール
【初心者向け】Java学習におすすめのプログラミングスクール5選Javaを学習するのにおすすめのプログラミングスクールを5つ紹介。プログラミングスクールはJava学習に必須ではありませんが、学習のショートカットに役立ちます。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です