プログラミング

【tweepy】Pythonから手軽にTwitterAPIを利用して自動投稿

python-twitter

TwitterはSNSの中でも特に人気の高いサービスです。ビジネスでTwitterを活用されている方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで本記事ではPythonからTwitterAPIを利用してTwitterの処理を自動化する方法について解説していきたいと思います(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
Twitterの自動化に興味のある方は是非最後まで記事をご覧ください♪
python-side-job
【土日在宅OK】Pythonの副業におすすめの案件紹介サイト5選土日を有効活用してPython副業をしてみたい!そんな方向けに本記事ではPythonの副業案件を扱うおすすめの案件紹介サイトを厳選して5つご紹介しております。...

TwitterAPIを使ってできること

特徴

TwitterAPIを使うことで、投稿やタイムラインの取得、リツイートやいいねの実行、フォローや投稿の検索など様々な機能を利用可能です。

TwitterAPIにより何ができるか、より詳しい情報について知りたいという方は公式ページを参照してみることをオススメします(^^)

TwitterAPIを利用するための準備

ロボット

TwitterAPIを利用するにはTwitter開発者のサイトで登録作業が必要となります。

TwitterAPIの利用申請

始めにWebブラウザで「Twitter Developer Portal」にアクセスし画面右上の「Create an app」ボタンをクリックします。

以下の画面が表示されたら「Apply」を押下。

TwitterAPI登録

TwitterAPIの利用目的を問われるので用途に応じて選択し「Get started」をクリックします(今回はHobbyistのMaking a botを選択)

利用目的

次にニックネーム、住んでいる国、現在のコーディングスキルについて問われるので、内容を記入して「Next」を押下しましょう。

次のページではAPIを何に利用するか英語で200字以上記入するよう指示があります。

特に厳格な審査があるわけではないので、英語が苦手な方は日本語でそれらしい理由を書いてGoogle翻訳を使ってしまいましょう。

TwitterAPIの登録

「Next」で先に進んでいくと上画像の通り利用規約が表示されるので、チェックを入れて「Submit application」をクリックします。

メール認証

次にメール認証があるので、メールの中にある「Confirm your email」をクリックして、ユーザー名・パスワードを入力してログインします。

認証が済み次第登録完了です。

登録完了からTwitterAPIを利用できるようになるまで数時間かかるので休憩を挟むことをオススメします。

Developer Portalにてキーを取得

Twitter Developer Portalの画面にてアプリの名前を指定して「Get Keys」ボタンをクリックします。表示されるAPIキーAPI Secretキーをコピーして保存しておきましょう。

次にダッシュボードからKeys and tokensを開き、Access Token & Secretの項目で「Generate」ボタンをクリックします。

表示されたAccess tokenAccess token secretをコピーして保存しておきましょう。

  • API Key
  • API secret key
  • Access token
  • Access token secret

まとめると、上記項目が取得できていればOKです。Access tokenやSecretの値は忘れてしまった場合に同じ値を取得することができませんので、その点は注意してください。

パーミッション設定

ダッシュボードの画面左側にある「Project & Apps」から、自身でつけたアプリ名をクリックします。右側にあるEditからパーミッションをRead&Writeに変更しておきましょう。

以上でTwitterAPI上での設定は完了です。

tweepyのインストール

How to

TwitterAPIへの登録とキーの取得は済んだはずなので、ここではPythonからTwitterAPIを手軽に利用するための「tweepy」というモジュールをインストールしておきます。

pip install tweepy

 

tweepyの詳細については本記事では解説しませんので、より知識を深めたい方は公式ドキュメントを参照してみてください(^^)

PythonからTwitterAPIを利用して自動投稿してみる

アプリ開発

それでは下準備は完了したので実際にPythonからTwitter自動化プログラムを書いていきましょう。以下のプログラムは簡単なTwitterの自動投稿処理を記載したものになります。

import tweepy

# Twitterの認証情報
api_key = ''
api_secret = ''
access_token = ''
access_secret = ''

# Twitterオブジェクトの生成
auth = tweepy.OAuthHandler(api_key, api_secret)
auth.set_access_token(access_token, access_secret)
api = tweepy.API(auth)

# 自動投稿
api.update_status('自動投稿してみたよ')

 

上記コードを実行すると自身のTwitterアカウントで「自動投稿してみたよ」とツイートされるはずです。(TwitterAPIの認証情報は前章で確認したものを利用してください)

もちろん、自動投稿以外にもできることは沢山あるのでtweepyの公式サイトから使い方や設定方法を確認してみてください(^^)

Pythonを使って更なるTwitterの自動化に挑戦しよう

駆け出しエンジニア

ここまでPythonからTwitterAPIを利用してTwitterの処理を自動化する方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

本記事の内容を皮切りにTwitterの自動化に挑戦してみていただければと思います(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がPython×Twitterの知識を得る上であなたのお役に立てたのなら幸いです。

pythonとselenium
【超入門】PythonとSeleniumでChromeを自動操作する方法PythonとSeleniumでGoogle Chromeの操作を自動化する方法がわからない・・・。本記事ではそんな初学者の方向けにPythonとSeleniumを用いたChromeの自動操作のやり方について解説しております。...
python-side-job
【土日在宅OK】Pythonの副業におすすめの案件紹介サイト5選土日を有効活用してPython副業をしてみたい!そんな方向けに本記事ではPythonの副業案件を扱うおすすめの案件紹介サイトを厳選して5つご紹介しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です