プログラミング

【超入門】PythonとSeleniumでChromeを自動操作する方法

pythonとselenium

本記事ではPythonSeleniumモジュールを用いて、Chromeの操作を自動化する方法について解説していきたいと思います。

  • Chromeの自動操作に必要な下準備
  • PythonとSeleniumを用いてChromeを自動操作する方法
  • 自動化可能なブラウザ操作の例

本記事を最後まで読むことで上記の事柄について理解できることでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
それでは早速本題に移っていきたいと思います♪
python-side-job
【土日在宅OK】Pythonの副業におすすめの案件紹介サイト5選土日を有効活用してPython副業をしてみたい!そんな方向けに本記事ではPythonの副業案件を扱うおすすめの案件紹介サイトを厳選して5つご紹介しております。...

Seleniumのインストール

selenium

ターミナルでpipコマンドなどを用いてSleniumモジュールをインストールします。

pip install selenium

 

ChromeDriverのインストール

chromedriver

前章でSeleniumをインストールしましたが、Seleniumを使用する場合はブラウザごとに別途用意されているWebDriverが必要です。

今回はブラウザの中でも特にChromeの自動操作に関する解説なので、Chrome向けのドライバであるChromeDriverのインストール方法について解説していきたいと思います。

①Chromeのバージョンを調べる

WebDriverは現在使用しているブラウザのバージョンに合わせる必要があるため、まずはChromeのバージョンを調べてみましょう。

お使いのChromeのバージョンは、アドレスバー右端にある︙のアイコンから「ヘルプ」→「Google Chromeについて」の順にクリックすることで確認することができます。

chromeについて画像の例だとバージョンは91.0.4472.77。

②ChromeDriverをダウンロード

Chromeのバージョンが確認できたら次に、ChromeDriverのページを開いて、該当するバージョンをダウンロードしていきましょう。

先ほど調べたGoogle Chromeのバージョン番号の最初の3つの数値と同じバージョンのChromeDriverをダウンロードします。

※今回の例だと91.0.4472.〇〇。

③PATHの通ったフォルダにコピー

ダウンロードしたZIPファイルを解凍したらChromeDriverの実行ファイルをPATHの通ったフォルダにコピーしましょう。

PATHの通ったフォルダとは、フルパス指定しなくともコマンドが実行できるフォルダのことを指す。

Macをお使いの方ならecho $PATHとターミナル上で実行することでPATHの通ったフォルダを確認することができます(^^)

PythonとSeleniumでChromeを自動操作してみる

ロボット

さて、PythonとSeleniumを用いてChromeを自動操作のに必要な下準備は完了です。

実際にPythonのプログラムを実行してGoogle Chromeを自動操作してみましょう。

# SeleniumのWebDriverをインポート
from selenium import webdriver
import time

# Google Chromeの起動
driver = webdriver.Chrome()
# ENGINEER LIFEのページを開く
driver.get('https://engineer-life.dev')
# スクリーンショットの撮影
driver.save_screenshot('demo.png')
# 30秒後に終了
time.sleep(30)
driver.quit()

 

上記のPythonコードでは当ブログのトップページにアクセスしてスクリーンショットを行い、demo.pngという名前で保存してChromeを閉じるといった処理を自動で行います。

百聞は一見にしかず。自動操作を眺めるのは気持ちがいいかと思うので実際に処理を実行してみましょう。

このようにPythonとSeleniumを用いればChromeをはじめとしてWebブラウザの操作を自動化することができるのです(^^)

PythonとSeleniumで自動化可能なブラウザ操作の例

アプリ開発

本章ではPythonとSeleniumを用いてできるChromeの自動操作には一体どのようなものがあるか?その例を取り上げたいと思います。

具体的には以下のようなブラウザ操作を自動化することが可能です。(あくまで一例)

  • 任意のURLを開く
  • スクリーンショットの撮影
  • フォームの送信
  • 会員制Webサイトにログイン

もちろん他にもできることは沢山あるので、気になる方はSeleniumの公式ドキュメントを読んでみることをオススメします(^^)

PythonとSeleniumでChromeの自動操作【まとめ】

pythonとselenium

PythonSeleniumを用いてChromeを自動操作する方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

本記事をきっかけに公式サイトなどで要件に沿った使い方を調べていけば自ずと自動操作のスキルが向上していくはずです(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がPythonとSeleniumを用いたChromeの自動操作に興味のある方のお役に少しでも立てたのなら幸いです。ではっ!!!

python-side-job
【土日在宅OK】Pythonの副業におすすめの案件紹介サイト5選土日を有効活用してPython副業をしてみたい!そんな方向けに本記事ではPythonの副業案件を扱うおすすめの案件紹介サイトを厳選して5つご紹介しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です