インフラ

【2021年版】AWSの独学におすすめの入門書10選

AWSおすすめ入門書

ITの世界では今やクラウドサービスの導入は当たり前の選択肢の一つとなりました。

そんなクラウドの代表格とも呼べる”AWS”。

本記事ではAWSの独学に役立つおすすめの入門書を初心者向けに10冊ご紹介いたします。

本記事の対象読者
  • AWSに興味はあるが何から学んでいいか分からないという方
  • AWSについてわかりやすく解説している良書を知りたいという方
  • AWSについて良書を手に取り独学で学びたいと考えている方
  • AWSの学習に一度挫折している方

上記どれかに該当するという方は記事を最後まで読み進めていただけると幸いです。

ハニ太郎
ハニ太郎
それでは早速AWSのおすすめ入門書を紹介していきます♪
AWS学習方法
【羅針盤】0からのAWS学習手順を初学者向けに解説AWSを使いこなせるようになりたい!そんな初学者の方向けに本記事では効率的な0からのAWS学習手順について解説しております。...
RaiseTech
【未経験から】AWSエンジニアを目指すならRaiseTech一択需要の高いAWSに特化したエンジニアであるAWSエンジニアになるには?本記事では未経験からAWSエンジニアを目指されている方向けにおすすめのスクールであるRaiseTechについて紹介しております。...

おすすめ独学本①図解即戦力 Amazon Web Serviceのしくみと技術がこれ一冊でしっかりわかる教科書

1冊目に紹介するAWS入門書は『図解即戦力Amazon Web Serviceのしくみと技術がこれ一冊でしっかりわかる教科書』です。

本書では、クラウドやネットワークの基礎から解説し、AWSのサーバーサービス、ストレージサービス、ネットワークサービス、データベースサービスについて具体的なサービス名を挙げながら初心者向けにわかりやすく紹介します。出典:Amazon

当書ではAWSやクラウドの概要から基本的なネットワークの仕組み、AWSの主要なサービスまで図解を用いてわかりやすく解説されています。

「AWSについて学びたいが、何から学べば良いか分からない」という方が最初に手に取る一冊として当書は最適でしょう。

  • ゼロからAWSの基本が学べる。
  • 図が多く解説が丁寧になされている。
  • ネットワークやWebの基本についても同時に学べる。
  • AWSの主要サービスの概要や使い方について学べる。

 

おすすめ独学本②ゼロからわかるAmazon Web Service超入門

2冊目に紹介するAWS入門書は『ゼロからわかるAmazon Web Service超入門』です。

Amazon Web Services(AWS)のやさしい入門書! 本書ではクラウドやAWSの初心者向けにわかりやすく使い方を解説します。出典;Amazon

当書の内容はAWS上にWordPress用のサーバーを立てつつ、AWSの主要サービスについて学んでいくという流れになっております。

手を動かしながらAWSについて学ぶことができるので自然とスキルが身につくはずです。

  • ゼロからAWSの基本が学べる。
  • 実際に手を動かしながら学べる。

 

おすすめ独学本③Amazon Web Service 基礎からのネットワーク&サーバー構築

3冊目に紹介するAWS入門書は『Amazon Web Service 基礎からのネットワーク&サーバー構築』です。

本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。出典:Amazon

当書は引用部分にもあるようAWSを題材にネットワークについて学べる一冊になります。

AWSを扱う上でネットワークの知識は必要不可欠なので、当書でネットワークについて重点的に学ぶことの意義は大きいはず。

また、実際に手を動かしながらAWSについて学べる点も初心者向けと言えるでしょう。

  • ネットワークについて重点的に学べる。
  • AWSの基本を押さえることができる。
  • 実際に手を動かしながら学べる。 

 

おすすめ独学本④AWSクラウドの基本と仕組み

4冊目に紹介するAWS入門書は『AWSクラウドの基本と仕組み』です。

一般的なクラウドコンピューティングの概要、AWSクラウドの基礎知識、概念、テクノロジー、セキュリティ、代表的なサービスなどについて理解できる。付録では、AWSの料金、セミナー・イベントおよびトレーニング、AWS認定、アカウント設定などについて解説。さらにAWSの主なサービスの一覧を掲載。出典;Amazon

当書ではAWS・クラウドの概要から普段の業務で必要となる知識、認定試験などについて幅広く解説されています。

個人的な感想としては、今回紹介する入門書の中で最も教科書的な一冊かと思います。

  • AWSについて幅広い知見が身につく。
  • 今後の学習方法についても理解できる。

 

おすすめ独学本⑤AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト

5冊目に紹介するAWS入門書は『AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト

本書は、「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」向けの試験対策教科書です。AWSアーキテクチャに求められる「高い回復性」「高パフォーマンス」「高いセキュリティ」「コスト最適化」「優れた運用・管理」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。出典:Amazon

当書はAWS認定試験用の学習書籍ですが、AWSの各サービスについて簡潔に解説がなされていますし、学習方法などについても触れているためおすすめの一冊です。

個人的にはこれまでに紹介した入門書のどれか一冊を読み終えた後に当書でAWSについてさらに学んでいくのが良いかと思います。

  • AWSの各サービスについて学べる。
  • AWSにおける各サービスの組み合わせ方が理解できる。
  • AWS認定資格の取得に役立つ。

 

おすすめ独学本⑥みんなのAWS〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!

6冊目に紹介したいAWS入門書は『みんなのAWS〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!』になります。

クラウド基盤として広く利用されているAmazon Web Services(AWS)の活用技法について、初学者の方にもわかるようにわかりやすく解説します。AWSの概要や歴史、基礎知識、関連知識の学習方法に始まり、最近のAWS開発で求められるWebアプリケーション構築のポイント、サーバレスアプリケーション開発、さらにデータ収集、分析と可視化までを1冊で学ぶことができます。出典:Amazon

当書は最新のアーキテクチャでAWSの基礎を学習するという趣旨の書籍になります。

先に紹介した認定資格であるソリューションアーキテクトの副読本としてもおすすめです。

最新のアーキテクチャパターンにてAWS上でサービスを開発・運用したいという方は実際に手に取って読んでみると良いでしょう。

  • AWSの最新アーキテクチャを知れる。
  • AWS上でサービスを開発・運用していくための実践力を養うことができる。

 

おすすめ独学本⑦AWSではじめるLinux入門ガイド

7冊目におすすめしたいAWS入門書は『AWSではじめるLinux入門ガイド』です。

本書はAWSクラウド上で、Linuxによるサーバー構築をゼロから学べる書籍です。ゼロ(やったことがないこと)をイチ(やったことがある)にすることを目的に制作しました。出典:Amazon

AWS上でサーバーを運用するならLinuxの知識は必要不可欠と言えるでしょう。

当書を読むことでAWSとLinuxの知識を習得することができるので、AWSに限らずインフラの基礎を習得したいという方におすすめです。

逆にLinuxの知識をある程度保持している自覚がある方には向かない書籍と言えます。

  • AWSとOSであるLinux両方の学習を効率的に進めることができる。
  • Linuxサーバーを構築・運用していく上で必要となる基本的な知識と技術力を養うことができる。

 

おすすめの独学本⑧AWSではじめるインフラ構築入門

8冊目におすすめしたいAWS入門書は『AWSではじめるインフラ構築入門』です。

本書は、AWS(Amazon Web Services)を利用して、インフラを構築/運用する方法を解説する入門書です。クラウドでネットワーク&サーバー構築を行うために必要な基礎知識や、AWSのネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築/運用するための設定方法やノウハウを解説します。出典:Amazon

当書ではAWS上に安全かつ堅牢なインフラを構築・運用する上で必要となる基礎知識や設定方法などについて解説されています。

本番環境を想定した堅牢なシステムを構築したいと考えているAWS初学者は当書で学習するとインフラ構築と運用の実践的なスキルも身につくため良いのではないかと思います。

AWS上に本番環境を想定した安全かつ堅牢なインフラを構築・運用する上で必須のスキルが身に付く。

 

おすすめの独学本⑨ポケットスタディAWS認定デベロッパーアソシエイト

9冊目におすすめしたいAWS入門書は『ポケットスタディAWS認定デベロッパーアソシエイト』です。

AWS(アマゾンウェブサービス)認定デベロッパーアソシエイトの試験対策テキストです。この資格を取得することで、自社やお客様の開発現場でアプリケーションを開発する人にとって有効なエビデンスとなり、お客様や担当者に安心して依頼してもらえるようになります。出典:Amazon

当書はAWS認定のデベロッパーアソシエイト試験の対策本ですが、試験対策に限らずAWSでアプリ開発をする上で必要となる基礎知識が詰まっているので試験を受けるかに関わらず個人的にはおすすめしたい書籍です。

AWS認定 デベロッパーアソシエイト
【合格体験記】AWS認定 デベロッパーアソシエイトの勉強法AWS認定デベロッパーアソシエイト(DVA)試験の合格体験記。これから資格取得を目指される方は勉強法などについてもまとめているためぜひ記事をご覧ください。...

AWS認定デベロッパーアソシエイト試験に関しては上の記事で合格体験記を綴っているので合わせて覗いていただけると幸いです。

AWS認定デベロッパーアソシエイトの対策本だがAWSでアプリ開発をする上で必要となる基礎知識が詰まっているのでAWS初学者全般におすすめ。

 

おすすめの独学本⑩Amazon Web Serviceパターン別構築・運用ガイド

10冊目におすすめしたいAWS入門書は『Amazon Web Serviceパターン別構築・運用ガイド』になります。

AWSの主要サービスの概要から、サービスを活用したクラウド上でのシステムの構築手順と設定方法を詳細に解説します。目的に応じたサーバ構築方法と、サービスの選び方を徹底的に丁寧に解説します。AWSマネジメントコンソールからの設定に加えて、CLIやSDKを使った実践的な技術も掲載。企業などへのAWS導入の全ての工程に関わった著者陣による、現場で培った実践的なノウハウが凝縮された一冊です。出典:Amazon

当書ではアーキテクチャ(パターン)別にシステムを構築・運用するためノウハウについてハンズオン形式で解説されています。

実際に手を動かしてAWSの学習を進めていきたいという方におすすめです。

ただし、記事執筆時点で内容は古くなっているためコンソールのUIなどに変化があり、書籍の内容通り進めるのが難しい状態となっているため情報の鮮度を気にされる方は別の書籍を手に取るのが良いかと思います。

AWSを利用したシステムの構築・運用方法をパターン別にハンズオン形式で解説した書籍。

 

AWSの無料利用枠を活用しよう!

ここまでAWS独学におすすめの入門書を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

どの入門書を手に取るにしろ実際に手を動かして学習することが何よりも大切です。

AWSの場合1年間の無料利用枠を使えるのでそこで惜しみなく学習してしまいましょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がAWSをこれから独学で学ぶ方のお役に立てたのなら幸いです♪ではっ!!!

AWS学習方法
【羅針盤】0からのAWS学習手順を初学者向けに解説AWSを使いこなせるようになりたい!そんな初学者の方向けに本記事では効率的な0からのAWS学習手順について解説しております。...
RaiseTech
【未経験から】AWSエンジニアを目指すならRaiseTech一択需要の高いAWSに特化したエンジニアであるAWSエンジニアになるには?本記事では未経験からAWSエンジニアを目指されている方向けにおすすめのスクールであるRaiseTechについて紹介しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です