エンジニア

【完全版】結合テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説

integration-test

作成したプログラムは品質を担保するためにテスト工程で各種検証を行い、欠陥(バグ)の洗い出しと改修を行うことで完成に至ります。

そのためシステムを作る以上、テストの知識とスキルは必要不可欠とも言えるでしょう。

ソフトウェアテストの知識とスキルはエンジニアにとって必要不可欠。

本記事ではそんなソフトウェアテストの中でも重要な役割を担っている結合テストについてなるべくわかりやすく解説いたします。

対象読者
  • 結合テストの目的や意義を知りたい方
  • 結合テストの利点・課題を知りたい方
  • 結合テストの手法と観点を知りたい方
たろう
たろう
本記事を最後まで読んでいただければ結合テストのイロハについて理解できるはずです♪
software-test
【2022年版】ソフトウェアテストのおすすめ本5選ソフトウェアテストの学習におすすめの書籍をご紹介。ソフトウェアテストについて初心者が学ぶ上で一冊良書を読んで体系的に理解を促進させることが有効な手段なので、本記事で紹介した本の中で気になるものを実際に手に取って読んでみてください。...

結合テストとは?わかりやすく解説

object

結合テストとはモジュールを結合させた状態で正しく動作するか検証するテストです。

結合テストは通常、単体テストの後に行われるテストであり、ソフトウェアテストの中でも欠かすことのできない重要な役割を担っております。

結合テスト

結合テストは前段階である単体テストが完了していることが前提となるので、まずは単体テストのついて理解を深めておきましょう。

unit-test
【完全版】単体テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説単体テストとは?単体テストの目的や観点について初心者向けにわかりやすく解説。本記事を読めば単体テストのいろはについて理解できるはずです。...

結合テストの目的

programming-people

結合テストの目的はモジュール間のインターフェース構造に問題がないか検証し、適切な動作が行われることを確認することです。

要はモジュールを繋ぎ合わせた時に意図した動作をするか確認するのが結合テストの目的。
結合テスト

結合テストの利点

nocode-merit

そんな結合テストを行う利点は、モジュールを連携させつつバグの洗い出しができる点。

先ほど少し触れた単体テストでは、あくまで各モジュールごとにテストを行って誤りがないか検証するに過ぎません。

つまり、単体テストの「結合部分の確認に弱い」という弱点を補うためのテストが「結合テスト」となるので行う意義があるのです。

結合テストは単体テストの「結合部分の確認に弱い」という弱点を補うためにモジュールを連携させてバグがないか検証するためのテスト。

 

結合テストの欠点

nocode-demerit

一方で、結合テストも万能という訳ではなく欠点ももちろん存在します。

欠点として挙げられるのは大きく以下2点。

  • テストに時間を要する
  • 詳細さに欠ける

結合テストの欠点①時間を要する

結合テストは単体テストに比べるとより多くの動作を考慮したテストとなるので、テストにより多くの時間を要することになります。

結合テストの欠点②詳細さに欠ける

また、結合テストでは「何かが壊れている」ことは分かっても厳密に「どの箇所が壊れているのか」までは分かりません。

そのため、モジュールに手戻りが発生することとなり進捗に大きな遅れが生じるため、工数を多く見積もっておくべきと言えるでしょう。

結合テストは詳細さに欠けるため、原因特定までは難しい。手戻りを考慮してテスト工数を多めに見積もっておくべき。

 

結合テストの手法と必要な観点

users

本章ではこれまでの話を踏まえた上で、結合テストにおける以下の2手法と必要な観点について解説していきたいと思います。

  • トップダウンテスト
  • ボトムアップテスト

トップダウンテスト

トップダウンテストとは、上位モジュールから先にテストを済ませていく手法になります。

結合テスト

基本的に下位モジュールは未テストの状態となっているので、スタブと呼ばれる仮のモジュールをくっつけてインターフェースの確認を行います。

ボトムアップテスト

一方、ボトムアップテストとは下位のモジュールから先にテストを済ませていく手法です。

結合テスト

ボトムアップテストの場合、上位モジュールが基本的に未テストの状態となっているのでドライバと呼ばれる仮のモジュールをくっつけてインターフェースの確認を行います。

結合テスト【まとめ】

本記事のまとめ
  • 結合テストとは、モジュールを結合させた状態で正しく動作するか検証するテスト。
  • 結合テストを行う利点は、モジュールを”連携”させつつバグの洗い出しができる点。(単体テストの「結合部分の確認に弱い」という弱点を補うことができる
  • しかし、結合テストは時間を多く要する・詳細さに欠けるなどの欠点も持ち合わせる。
  • 結合テストの代表的な手法としてトップダウンテストとボトムアップテストがある。

本記事を読んで結合テストの概要と重要性について理解していただけたのなら幸いです。

たろう
たろう
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

当ブログでは他にもエンジニア向けの記事を公開しているので、気になる記事がないか併せて確認してみてください(^^)

software-test
【2022年版】ソフトウェアテストのおすすめ本5選ソフトウェアテストの学習におすすめの書籍をご紹介。ソフトウェアテストについて初心者が学ぶ上で一冊良書を読んで体系的に理解を促進させることが有効な手段なので、本記事で紹介した本の中で気になるものを実際に手に取って読んでみてください。...
ソフトウェアテストの全体像
ソフトウェアテストの全体像と流れについてわかりやすく解説ソフトウェアテストの全体像と流れについて駆け出しエンジニア向けにわかりやすく解説。記事内でおすすめの入門書も紹介しているのでこれからソフトウェアテストの学習を始められる方は是非記事をご覧ください。...
engineer-job-change
【厳選】エンジニアにおすすめの転職スカウトサービス7選エンジニアにおすすめの転職スカウトサービスは?本記事では現役エンジニア目線でエンジニアにおすすめしたい転職スカウトサービスを厳選して紹介しております。...
エンジニア向け副業エージェント
【土日在宅OK】エンジニアにおすすめの副業エージェント7選エンジニアにおすすめの副業エージェントは?本記事では数ある副業案件を扱うエージェントの中から現役エンジニアである筆者が厳選して7社紹介しております。副業に興味のあるエンジニアは要チェックです。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。