プログラミング

【初心者向け】Flutterのおすすめ入門書5選

Flutterおすすめ入門書

最近よく耳にするようになったFlutter。本記事ではそんなFlutterおすすめ入門書を初心者向けに厳選して5冊ご紹介したいと思います。

ハニ太郎
ハニ太郎
Flutterを習得したいという方はぜひ最後まで記事をご覧ください♪

【超入門】Flutterとは?

クエスチョンマーク

Flutter is Google’s UI toolkit for building beautiful, natively compiled applications for mobile, web, desktop, and embedded devices from a single codebase.出典:https://flutter.dev/

Flutterとは、単一のコードベースから美しくネイティブにコンパイルされたモバイル、Web、デスクトップアプリケーションを開発することができるGoogle製のUIツールです。

Flutterの特徴
  1. ホットリロードによる高速開発
  2. 表現力豊かで柔軟なUI
  3. ネイティブなパフォーマンス
  4. クロスプラットフォーム対応
  5. プログラミング言語Dartによる開発

Flutter利用の大きなメリットとして単一コードにてクロスプラットフォーム対応のアプリを開発することができるため、開発コストを大幅に削減できることが挙げられるでしょう。

また、Google製のフレームワークであることから安心して利用することができます。

Flutterとは、単一のコードベースから美しくネイティブにコンパイルされたモバイル、Web、デスクトップアプリを開発することができるGoogle製のUIツール。

 

【初心者向け】Flutterのおすすめ入門書5選

おすすめ本

本章では本題であるFlutter学習におすすめの入門書をご紹介していきたいと思います。

おすすめ入門書①基礎から学ぶFlutter

1冊目におすすめしたい入門書は『基礎から学ぶFlutter』になります。

本書は、Googleが開発したUIツールキット「Flutter」について、基本からの応用まで丁寧に解説した1冊です。出典:Amazon

当書ではFlutterの導入方法やDartの特徴からパフォーマンスチューニングの方法まで幅広くFlutterについて解説されております。

Flutterについて0から学習を始められる初学者の方にはもちろん、より実践的なFlutterの使い方を身につけたいという中級者の方まで幅広い層におすすめしたい一冊です。

個人的には書籍選びに迷ったら当書を手に取っておくのが無難な選択かと思います(^^)

  • Flutterを利用したアプリケーション開発について幅広く解説されている。
  • プログラミング言語Dartについても初心者向けに解説がなされている。

 

おすすめ入門書②Flutter モバイルアプリ開発バイブル

2冊目におすすめしたい入門書は『Flutter モバイルアプリ開発バイブル』です。

Googleが開発しているモバイルアプリケーションSDK、Flutterの実践解説書です。iOS・Androidなどクロスプラットフォームで動作するモバイルアプリの開発者を対象にして、全体感を踏まえた基礎的な部分から実践的な概念や実装に至るまで、丁寧に説明していきます。出典:Amazon

当書ではFlutterの基礎からサンプルアプリの実装を通じたアプリ開発のフロー、CI/CDの実践について解説されております。

それゆえ、実際に手を動かしながらFlutterの実践的な使い方を身につけたいという方におすすめの一冊と言えるでしょう(^^)

  • Flutterを用いたアプリ開発のイロハについて解説されている。
  • Flutterを用いたアプリ開発の効率化についても詳しく解説されている。
  • APPENDIXにプログラミング言語Dartの解説もなされている。

 

おすすめ入門書③Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門

3冊目におすすめしたい入門書は『Android/iOSクロス開発フレームワークFlutter入門

AndroidアプリとiOSアプリを同時に開発するツールやフレームワークには種々ありますが、最近注目されているのが、グーグル製のFlutter(フラッター)です。Widget(ウィジェット)と呼ばれる豊富なUI(ユーザーインタフェース)ライブラリや、プログラムの修正が即座にアプリに反映されるホットリロードなどで、海外では高評価。今後、日本でも普及が進むと見られるFlutterのわかりやすい入門書です。出典:Amazon

当書はFlutterを用いた開発をする上で最低限必要とされる知識を初学者向けにわかりやすく解説した入門書になります。

それゆえ、「とにかく挫折せずにFlutterを用いた開発の第一歩を踏み出したい」という方に当書はうってつけと言えるでしょう。

個人的には当書をとっかかりに本記事で紹介している他の書籍に手を出すのが、挫折なくFlutterを習得するのには良いかと思います。

Flutterを用いてアプリを開発する上で最低限必要となる知識について初心者向けにわかりやすく解説されている。

 

おすすめ入門書④はじめてのFlutter

4冊目におすすめしたい入門書は『はじめてのFlutter』になります。

本書では、まず、「Flutter」の「セットアップ」と「基本的な使い方」を解説し、次に簡単な「チャットアプリ」をStep by Stepで実装しながら、「Flutter」での「実装方法」を解説していきます。そのため、初心者でも、一通りの開発プロセスをやさしく体験できます。出典:Amazon

当書ではサンプルアプリの開発を通じてFlutterを用いた実装方法について学習可能です。

書籍に書かれている通り進めていくことでFlutterの基本的な使い方が身につくような構成となっているため初心者でも挫折することなくすんなり頭に入っていくことでしょう。

そのため、「解説がわかりやすいチュートリアルのようなもの」をお探しの方は当書を手に取ってみることをおすすめします。

Flutterの基本的な使い方について、サンプルアプリ開発を通じてステップバイステップで学ぶことができる。

 

おすすめ入門書⑤現場で使えるFlutter開発入門

5冊目におすすめしたい入門書は『現場で使えるFlutter開発入門』になります。

本書は、これからモバイルアプリ開発を始める方のために、Flutterによる開発体験を手を動かしながら学ぶことができる書籍です。リファクタリングやCI/CDなど、チーム開発には欠かせない知識も詰め込み、すぐに現場で使える1冊となるようにしました。出典:Amazon

当書はFlutterによる開発手法について実際に手を動かしながら学べるのに加えて現場で役立つリファクタリングやCI/CDなどのチーム開発スキルについても解説されております。

それゆえ、仕事でFlutterを利用することになった方に当書はおすすめと言えるでしょう。

現場で活きるスキルを短期間で身につける際に役立つ一冊となるはずです(^^)

Flutterによる開発手法について実際に手を動かしながら学べる。また、現場で役立つリファクタリングやCI/CDなどのスキルについても解説されている。

 

Flutterの入門書を手に取りモバイルアプリ開発に挑戦してみよう!

Flutterおすすめ入門書

ここまでFlutterおすすめ入門書を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

紹介した書籍の中で肌感が合いそうなものを手に取り是非学習を始めてみてください(^^)

ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がFlutterの良書を知る上で少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです!!!

エンジニア向け副業エージェント
【土日在宅OK】エンジニアにおすすめの副業エージェント7選エンジニアにおすすめの副業エージェントは?本記事では数ある副業案件を扱うエージェントの中から現役エンジニアである筆者が厳選して5社紹介しております。副業に興味のあるエンジニアは要チェックです。...
エンジニア向け市場価値診断サイト
【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!エンジニアとしての市場価値を診断するには?本記事ではエンジニアにとって市場価値を把握しておくことの重要性や市場価値診断ツールの紹介などしております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です