エンジニア

運用テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説

運用テストとは?

作成したプログラムは品質を担保するためにテスト工程で各種検証を行い、欠陥(バグ)の洗い出しと改修を行うことで完成に至ります。

そのためシステムを作る以上、テストの知識とスキルは必要不可欠とも言えるでしょう。

ハニ太郎
ハニ太郎
ソフトウェアテストの知識とスキルはエンジニアにとって必要不可欠だよ♪

本記事ではそんなソフトウェアテストの中でも重要な役割を担っている運用テストについてなるべくわかりやすく解説いたします。

本記事を読むことで理解できること
  • 運用テストの目的や意義
  • 運用テストに必要な観点

本記事を最後まで読んでいただければ運用テストの概要について理解できるはずです。

運用テストとは?

運用テスト”とは、本番稼働直前の最終テストであり顧客視点で行う唯一のテストになります。(呼び方は様々。ex.受け入れテスト)

運用テストとは?

上図のように単体/結合/システムテストを終え、本番稼働直前に運用テストは行われるため、テスト全体における最後の砦とも言えるでしょう。

単体テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説
単体テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説単体テストとは?単体テストの目的や観点について初心者向けにわかりやすく解説。本記事を読めば単体テストのいろはについて理解できるはずです。...
結合テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説
結合テストとは?目的や観点についてわかりやすく解説結合テストとは?初心者向けにわかりやすく解説。結合テストとは、モジュールを結合させた状態で正しく動作するか検証するテスト。通常、単体テストの後に行われるテストであり、ソフトウェアテストの中でも欠かすことのできない重要な役割を担っている。...
システムテストとは? 目的や観点についてわかりやすく解説
システムテストとは?目的や観点についてわかりやすく解説システムテストとは?エンジニアになりたての方でも理解できるようわかりやすく解説。本記事を読むことでシステムテストの定義、目的、必要な観点について理解できるはずです。...

運用テスト以前のテストについては上の記事でそれぞれ解説しているため、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

運用テストとは、本番稼働直前の最終テストであり顧客視点で行う唯一のテスト。

運用テストの目的

運用テストの目的を一言で表すと、システム利用者による品質の最終確認です。

運用テスト自体、開発後のシステムに対してユーザーが業務運用上支障がないか確認するものなので当然と言えば当然とも言えます。

※あくまでテストを実施するのはユーザーなので、開発者側はテストの支援を担当する。

運用テストの目的はユーザーによるシステムの最終的な品質チェック。

運用テストの観点

運用テストが本番稼働直前のテストであることから、システムが実際の業務に沿って適切に動作するかという観点でテストを行います。

通常は『運用テスト仕様書』をユーザー側で作成し、その資料に則り運用テストを実施していくことになるでしょう。

運用テストではシステムが実際の業務に沿って適切に動作するかという観点でテストを実施する。

運用テスト【まとめ】

本記事のまとめ
  • 運用テストとは、本番稼働直前の最終テストであり顧客視点で行う唯一のテスト。
  • 運用テストの目的はユーザーによるシステムの最終的な品質チェック。
  • 運用テストではシステムが実際の業務に沿って適切に動作するかという観点でテストを実施する。
ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事を読んで運用テストの概要と意義について理解していただけたのなら幸いです。

ソフトウェアテストの学習におすすめの入門書5選
【2020年版】ソフトウェアテストの学習におすすめの入門書5選ソフトウェアテストの学習におすすめの書籍をご紹介。ソフトウェアテストについて初心者が学ぶ上で一冊良書を読んで体系的に理解を促進させることが有効な手段なので、本記事で紹介した本の中で気になるものを実際に手に取って読んでみてください。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です