ノーコード

【超入門】Airtableとは?特徴や料金プラン等について解説

airtable

スプレッドシートやエクセルを扱う感覚でデータベースを管理できるノーコードツールに近年注目が集まっております。専門知識要らずでデータを上手く管理できるので納得です。

本記事ではそんなデータ管理に特化したノーコードツールの中でも特に人気の高いAirtableについて解説していきたいと思います。

たろう
たろう
本記事を最後まで読むことでAirtableの基礎をしっかりと押さえることができるはずです♪
nocode-side-job
【土日で稼ぐ】ノーコードの副業におすすめの求人サイト3選ノーコードの副業におすすめの求人サイトは?本記事では土日を有効活用して自身のノーコードのスキルを用いて副業収入を得たいと考えている方向けにおすすめの求人サイトを紹介しております。...

【超入門】Airtableとは

programming-job

Airtableとは、Airtable社が提供しているクラウド型のデータベース管理に特化したノーコードツールになります。

見た目や操作性がスプレッドシートやエクセルに近いため、表計算ソフトを利用したことがある人であれば誰でも直感的にツールを操作することができることかと思います。

Airtableは、クラウド型のデータベース管理に特化したノーコードツールであり表計算ソフトのような直感的な操作が可能。

Airtableを利用するメリット

nocode-merit

ノーコードツールの中でもAirtableを利用するメリットは大きく以下となります。

  • データ形式の指定が可能
  • 表示形式の切り替えが可能
  • 各シートごとのデータ連携が可能
  • バージョン管理が可能
  • 外部サービスと連携が可能

メリット①データ形式の指定が可能

Airtableではデータベースの列に対してデータの形式を指定することができます。例を記すと「特定の列にはメールアドレスのみ格納可能」といった具合です。

この機能により誤った形式のデータが格納されることを防ぐことができるので、正確にデータを管理する上で非常に役立つと言えるでしょう。

メリット②表示形式の切り替えが可能

AirtableにはView機能というものが存在します。文字通りデータベースの見た目を切り替える機能です。※View機能について詳しく知りたい方は公式サイトをご確認ください。

Viewの種類例
  • タイムライン
  • かんばん
  • ガント
  • カレンダー
  • グリッド
  • ギャラリー
  • フォーム

これらのViewを利用することで、データを上手く可視化して確認することができます。

メリット③各シートごとのデータ連携が可能

Airtableではリレーション機能と呼ばれる各シートごとの関連データを結びつけてデータを再利用することができる機能が提供されてます。

リレーショナルデータベースを普段から利用している方にはお馴染みの機能かと思います。

db-arch
【2022年版】データベース設計のおすすめ本3選データベース設計は初学者が躓きやすいPOINT。本記事では独学でデータベース設計について学ぶ方が挫折しないよう、データベース設計に関してわかりやすく解説された入門書を3冊ご紹介しております。...

余談ですが、Airtableでデータを管理する際もデータベース設計の知識は身につけておいた方が良いです。上の記事でデータベース設計のおすすめ本を紹介しているので、気になる方は併せて確認してみてください。

メリット④バージョン管理が可能

Airtableではスナップショット機能が提供されているため、データのバックアップならびに誰がどのデータを操作したのか等の履歴情報を後から確認することができます。

メリット⑤外部サービスと連携が可能

AirtableはAPIを利用することで外部サービスと連携が可能となります。ネイティブアプリ開発に特化したノーコードツール「Adalo」や汎用性抜群の「Bubble」と連携してデータベースとしてAirtableを利用するケースもよく目にします。

adalo-nocode
【3分でわかる】Adaloとは?ノーコードでネイティブアプリ開発 よくある悩みですが、ノーコードを活用することで誰でも簡単にアプリ開発ができるようになるため上記の課題はクリアになるはずです。 ...
whats-bubble
【5分でわかる】Bubbleとは?ノーコードでWebアプリ開発 よくある悩みですが、ノーコードを活用することで誰でも簡単にアプリ開発ができるようになるため上記の課題はクリアになるはずです。 ...

ノーコードツール「Adalo」と「Bubble」については上の記事で詳しく解説しているので、気になる方は併せて確認してみてください。

Airtableのメリット
  • データ形式の指定が可能
  • 表示形式の切り替えが可能
  • 各シートごとのデータ連携が可能
  • バージョン管理が可能
  • 外部サービスと連携が可能

Airtableを利用するデメリット

nocode-demerit

一方で、Airtableを利用するデメリットとしては以下が挙げられるでしょう。

  • 日本語に対応していない
  • テンプレートの構造が複雑

デメリット①日本語に対応していない

Airtableは海外製のノーコードツールであるため、日本語に対応しておりません。難しい英単語が使われているわけではないのですぐ慣れますが、日本語で表示させたいという場合はブラウザの翻訳機能などを用いるようにしましょう。

デメリット②テンプレートの構造が複雑

Airtableには数多くのテンプレートが用意されているのですが、内容が複雑ゆえ初心者の方が急に中身を理解するのは困難なはずです。

はじめはAirtableが提供しているテンプレートを使わずにデータを管理し、慣れてきたらテンプレートを活用した高度なデータ管理を行っていくのが個人的には良いかと思います。

なお、Airtableが提供しているテンプレートの一覧は公式サイトから確認可能です。

Airtableのデメリット
  • 日本語に対応していない
  • テンプレートの構造が複雑

Airtableの料金プラン

money

Airtableでは以下4つの料金プランが用意されています。※最新の情報は公式サイトにて。

プランFreePlusProEnterprise
料金/月(年契約)$0$10$20問い合わせ
データベース数無制限無制限無制限無制限
DB毎のレコード数1,2005,00050,00050,000以上
DB毎のファイル容量2GB5GB20GB1000GB
編集履歴の保存期間2週間6ヶ月1年3年
ガントチャート使用不可使用不可使用可能使用可能
App機能使用不可使用不可使用可能使用可能
使える色の制限ありなしなしなし
広告ありなしなしなし

お試しでAirtableを利用するなら無料プランで十分でしょう。Enterpriseプランを使用する場合はAirtableのサポートに問い合わせが必要となります。コンタクト先はこちらです。

Airtableの事例

users

Airtableの事例については公式サイトで紹介されているので、気になる方はチェックしてみると良いかと思います。NETFLIXやSpotifyなど名だたる企業が採用しているのでAirtableが信頼できるサービスであることがお分かりいただけるかと思います。

Airtableの評判

object

本章ではTwitter上でのAirtableの評判を参考がてら掲載しておきたいと思います(^^)

Airtableの良い評判

  • データの管理がしやすい
  • データ管理以外にも応用が効く
  • UI・UXが優れている

Airtableの悪い評判

  • 日本語化の部分に癖がある
  • 料金が場合によっては高くつく

Airtableとは|まとめ

airtable

ここまで「Airtableとは?」といった定義からメリットやデメリット、Airtableについて知っておくべきことについてお伝えしてきました。

ノーコードツールの中でもAirtableは人気の高いツールとなります。本記事を取っ掛かりにAirtableについてより深く学んでいただけると幸いです。

たろう
たろう
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

当ブログでは他の記事でもノーコードについて解説しているため、気になる記事があればそちらも併せて確認してみてください。

nocode-side-job
【土日で稼ぐ】ノーコードの副業におすすめの求人サイト3選ノーコードの副業におすすめの求人サイトは?本記事では土日を有効活用して自身のノーコードのスキルを用いて副業収入を得たいと考えている方向けにおすすめの求人サイトを紹介しております。...
nocode
【初心者向け】ノーコードのおすすめ本3選ノーコードというキーワードに興味はあるけど、市販のどの書籍を読めばいいかわからない。そんな方向けに本記事ではノーコードについて知れるおすすめ本を厳選して紹介しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です