ノーコード

【徹底比較】ネットショップ作成ツールBASEとShopifyどちらがおすすめ?

base-shopify

ネットショップ作成を簡単に行えるノーコードツール「BASEと「Shopifyですが、どちらのツールを利用すればいいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか?

ツール選びで悩まれている方向けに本記事ではBASEとShopifyについて、様々な観点における比較を通じてご紹介していきたいと思います。

最後まで記事を読むことでBASEとShopify、どちらのノーコードツールがあなたに適しているか判断することができるはずです。

たろう
たろう
BASEとShopifyとでツール選定に悩まれている方はぜひ最後まで記事をご覧ください♪
nocode-demerit
【ノーコード】できないことは?限界とデメリットについて解説ノーコードは「早い」「安い」とメリットが強調されがちですが、もちろんデメリットも存在します。本記事ではノーコードでできないこと、デメリットや限界について解説していきたいと思います。...
nocode
【初心者向け】ノーコードのおすすめ本3選ノーコードというキーワードに興味はあるけど、市販のどの書籍を読めばいいかわからない。そんな方向けに本記事ではノーコードについて知れるおすすめ本を厳選して紹介しております。...

BASEの基本情報

BASEの公式

BASEは、5年連続ネットショップ開設実績No.1のネットショップ開設サービスです。

ネットショップの開設・運営に必要な機能がオールインワンで提供されており、誰でも簡単にネットショップを始めることができるのが特徴的なサービスとなります。

なお、BASEの公式YouTubeチャンネルにてBASEの紹介動画があがっているので、気になる方は併せて確認してみてください。

BASEは、ネットショップ開設サービス。ネットショップ運営に必要な機能がオールインワンで提供されている。

BASEを利用するメリット

  • 初期費用・月額費用なし、ノーリスクではじめられる
  • 本格的なデザインのショップを作成することができる
  • BASEだけのショッピングアプリ「PayID」で集客できる
  • 豊富な数の拡張機能が用意されている

BASEを利用するデメリット

  • 集客力が弱い
  • 自由度が低い

なお、BASEの使い方を知る上でおすすめの学習コンテンツについては以下の記事で紹介しているので併せて確認してみてください。

base-learning
【ECサイト構築】BASEの使い方を知るのにおすすめの学習コンテンツ3選ECサイト構築をソースコードを記載することなく行えるノーコードツール、BASE。本記事ではそんなBASEの使い方を知るのにおすすめの学習コンテンツを厳選して紹介します。...

Shopifyの基本情報

Shopify

Shopifyは、2004年にカナダで創業された本格的なネットショップを開設・運用できるクラウド型のECサービスです。2017年には日本法人も設立されております。

専門知識要らずで簡単にECサイトを構築できる点がShopifyの最大の魅力で、初心者の方でも問題なく運営できるはずです。

Shopifyは、本格的なネットショップを開設・運用できるクラウド型のECサービスである。

Shopifyを利用するメリット

  • 多くのデザインテンプレートが用意されている
  • アプリが豊富で拡張性が高い
  • 低コストでECサイト運営が始められる
  • API連携による業務効率化が可能
  • 越境ECに対応している

Shopifyを利用するデメリット

  • 日本向けのアプリが多くない
  • 細かい装飾には専門知識も必要

なお、Shopifyの使い方を知る上でおすすめの書籍については以下の記事で紹介しているので併せて確認してみてください。

shopify-book-list
【2022年版】Shopifyのおすすめ本5選本格的なネットショップを開設・運用できるクラウド型のECサービスである、Shopify。本記事ではそんなShopifyの学習におすすめの本を厳選してご紹介しております。...

【徹底比較】BASEとShopifyのどちらがおすすめ?

programming-job

本章では以下の観点においてBASEとShopifyの比較を行っていきたいと思います。

比較観点
  1. 料金体系
  2. 決済手段
  3. 海外対応
  4. 評判

【比較観点①】料金体系

BASE(※1)Shopify
初期費用0円0円
月額費用0円$25〜$299
取引手数料3%0円(※2)
決済手数料3.6%+40円3.25〜4.15%

(※1)スタンダードプラン利用時
(※2)Shopifyペイメント利用時

なお、最新の料金体系については各ツールの公式サイトを必ず参照の上ご確認ください。

【比較観点②】決済手段

BASEShopify
クレジットカード決済VISA、Mater、
Amex、JCB
VISA、Mater、
Amex、JCB
携帯キャリア決済
コンビニ決済
銀行振込
ID決済PayPal、Amazon PayApple Pay、Google Pay
Amazon Pay、PayPalなど

なお、最新の決済手段については各ツールの公式サイトを必ず参照の上ご確認ください。

【比較観点③】海外対応

BASEShopify
多言語対応英語最大20ヶ国語
外貨対応34種類17種類
海外配送

最新の海外対応状況については各ツールの公式サイトを必ず参照の上ご確認ください。

【比較観点④】評判

BASEの口コミ・評判については以下の記事で詳しくまとめているので、気になる方は合わせて参考にしてみてください。

base-reputation
【完全版】ネットでお店を開くならBASE?評判まとめ「ネットでお店を開くなら」でお馴染みのBASE。本記事ではそんなBASEの概要から利用するメリット、デメリット、評判についてお伝えしてます。...

本節では一部抜粋してBASEの口コミ・評判についてまとめておきたいと思います。

  • 初心者でも使いやすい
  • 支払い方法が多くて便利
  • 無料で始められる
  • カスタマイズ性がイマイチ
  • Shopifyと比べると機能が少ない
  • 公式のヘルプが分かりにくい
  • 動作が遅い

Shopifyの口コミ・評判については以下の記事で詳しくまとめているので、気になる方は合わせて参考にしてみてください。

shopify-reputation
【完全版】Shopifyの評判は?メリット・デメリットについて徹底解説Shopifyの評判は?本記事ではShopifyを利用するメリット・デメリット・Twitter上での評判について解説しております。...

本節では一部抜粋してShopifyの口コミ・評判についてまとめておきたいと思います。

  • 副業やフリーで稼げる
  • 少額から始められる
  • 機能面で優れている
  • Shopifyに適した形で構築する必要がある
  • 細かいデザインが気になった際は自作する必要がある
  • フルスクラッチと違い商品販売に関する制約がある

BASEとShopifyの比較結果から見るおすすめパターン

users

結論、お試しで小さく始めるならBASE、事業拡大を前提としており最初から本格的なネットショップを運営する予定なのであればShopifyを選ぶのが個人的にはおすすめです。

Shopifyであればカスタマイズの自由度が高いですし、海外対応も問題ありません。また、決済手段や拡張機能も豊富なのでECサイトを運営していく上で困る機会がShopifyの方が圧倒的に少ないかと思います。

お試しで小さく始めるならBASE。事業拡大を前提としており最初から本格的なネットショップを運営する予定なのであればShopifyがおすすめ。

【比較】BASEとShopifyどちらがおすすめ?|まとめ

base-shopify

ここまでネットショップ作成ツール、BASEとShopifyについて様々な観点での比較を通じて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

BASE・Shopify両ツールともにメリットとデメリットを持ち合わせていることがお分かりいただけたかと思うので、ご自身の趣向に合うツールを選んでいただけると幸いです。

たろう
たろう
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がBASEとShopifyの比較においてあなたのお役に立てたのなら幸いです。

nocode-demerit
【ノーコード】できないことは?限界とデメリットについて解説ノーコードは「早い」「安い」とメリットが強調されがちですが、もちろんデメリットも存在します。本記事ではノーコードでできないこと、デメリットや限界について解説していきたいと思います。...
nocode
【初心者向け】ノーコードのおすすめ本3選ノーコードというキーワードに興味はあるけど、市販のどの書籍を読めばいいかわからない。そんな方向けに本記事ではノーコードについて知れるおすすめ本を厳選して紹介しております。...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です