インフラ PR

【2024年最新】Dockerの独学におすすめの本7選

docker-book
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「Dockerについて体系的に学びたい」「Dockerについてわかりやすく解説された書籍は?」このように思われている方向けに本記事ではDockerの独学におすすめの本を現役エンジニア目線で厳選して5冊ご紹介いたします。

今すぐDockerの案件を探す!

エンジニア、デザイナー向けの週2、3日のお仕事紹介【ITプロパートナーズ】【公式HP】https://itpropartners.com/

  • 週3日〜の案件を数多く扱っている
  • エンド直ゆえに高単価案件が多い
  • フルリモート案件など、柔軟な働き方に対応した案件が多い
  • トレンド技術を取り入れた魅力的な案件が豊富にある
  • 専属エージェントが希望に沿った案件を紹介してくれる

\ 最短60秒で登録可能! /
無料会員登録
案件を探す

docker-sidejob
【土日で稼ぐ】Dockerを使った副業の始め方とおすすめの案件獲得サイト20選 このような方向けに本記事ではDockerを使った副業の始め方と土日で稼ぐのにおすすめの案件獲得サイトを厳選して20個ご紹介します...

【2024年最新】Dockerの独学におすすめの本7選

search

本章では早速、Dockerの独学におすすめの本を紹介いたします。どの書籍も良書なので、中身の雰囲気を確認して自身に合いそうな書籍を実際に手に取ってみてください。

おすすめ本①たった1日で基本が身に付く!Docker/Kubernetes超入門

1冊目におすすめしたいDocker入門書は『たった1日で基本が身に付く!Docker/Kubernetes超入門』になります。

本書は、次世代のアプリケーションアーキテクチャとして注目されている「マイクロサービス」の技術基盤となるコンテナ技術「Docker」とコンテナオーケストレーション技術「Kubernetes」を取り上げ、Dockerの基本的な利用法、DockerfileやComposeの設計、コンテナのデータ永続化やCI/CD、Kubernetesによる複数コンテナの自動管理までを、一気に学習します。出典:Amazon

当書はサービスを開発することに主眼を置いたコンテナ利用法を記した書籍で、Dockerはもちろん、周辺知識としてKubernetesやJenkinsなどの解説がなされています。

そのため「DevOps分野に興味がある!」という初学者にうってつけの書籍でしょう。

ハンズオン形式でDockerなどのスキルを習得していけるので挫折することなく書籍を読み進めることができるかと思います。

たった1日では無理な気もしますが、Docker入門書の中でも説明がわかりやすく初学者向けだと感じたので最初に紹介させていただきました。

ハンズオン形式でDocker学習が可能。KubernetesやJenkinsなどの知識も同時に身につくのでDevOps分野に興味のある方に特におすすめ。

おすすめ本②さわって学ぶクラウドインフラdocker基礎からのコンテナ構築

2冊目におすすめしたいDocker入門書は『さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築』になります。

本書では、Dockerのインストール方法に始まり、基本的なWebサーバーを起動させるところから、永続化、ネットワーク、コンテナイメージへと順番に学ぶことができます。さらに、複数のコンテナを使うことを想定し、「Docker Compose」や「Kubernetes」についても学習できます。Kubernetesは学習ツールとして「Minikube」を用い、最終的に「Amazon EKS」でコンテナを実行するはじめの一歩までを説明します。出典:Amazon

当書は技術解説書というよりは技術実践書といったイメージで、「とにかく手を動かしてコンテナ環境を構築できるようになろう!」という本の趣旨が伝わってきます。

もちろん解説もわかりやすいので、当書を片手にハンズオン形式で実践していく中で自然と使えるコンテナ技術が身についていることでしょう。

題材としてAWSを利用しているので、クラウドの中でも特にAWSのスキルを伸ばしていきたいと考えている方には特におすすめの書籍です。

AWSを題材にコンテナ技術の実践力を身につけることができる。

おすすめ本③プログラマのためのDocker教科書

3冊目におすすめしたいDocker入門書は『プログラマのためのDocker教科書』です。

本書は、コンテナ技術を使ったアプリケーション実行環境プラットフォームである「Docker」を使ってインフラを構築するための入門書として好評を博した前著の改訂版です。特にオンプレミスサーバ(物理環境)での構築経験がない、アプリケーションエンジニアを対象に、OSやネットワーク技術などのインフラの基礎概念を図解しながらDocker/Kubernetesを使ったインフラ構築/運用の流れと手順を解説します。出典:Amazon

当書はインフラの知識が少ないアプリケーションエンジニア向けにDockerやKebernetesなどについて解説した書籍になります。

OSやネットワークなどのインフラ基礎から解説しているので、知識を有している方からしたら若干非効率的な学習になるかもしれません。

一方でプログラミング学習は進めてきたけどインフラ方面に苦手意識があるという方にとってはうってつけの一冊かと個人的には思います。

インフラの基礎からコンテナ技術について解説されているためDockerの知識波ならずアプリ開発に必要な幅広い知識が身につく。 

おすすめ本④Docker実践ガイド

4冊目におすすめしたいDocker入門書は『Docker実践ガイド』になります。

IT現場で役立つ、Dockerの導入、運用ノウハウを凝縮。Dockerが利用される環境や背景を説明し、導入前のシステム設計、Dockerの基本的な利用方法、Dockerfileによる自動化の手法、管理・監視ツールについて、実際に操作をしながら解説します。出典:Amazon

当書はタイトル通り実践的な内容となっており、Docker導入時や運用時などの現場で役立つノウハウについて解説がなされています。

Dockerの基本的な使い方についても解説されていますが、その他の細かい項目は初学者からすると難しく感じてしまう可能性は否めません。

そのため「ある程度Dockerの基礎知識は身につけたから現場で通用する実践的なノウハウを知りたい」という次のステージを目指されている方に当書はおすすめと言えるでしょう。

現場においてコンテナ技術を扱う上で必要となるナレッジが集約されているため実践的な知識を身につけたい方におすすめ。

おすすめ本⑤Docker/Kubernetes実践コンテナ開発入門

5冊目に紹介したい入門書は『Docker/Kubernetes実践コンテナ開発入門』となります。

話題のコンテナ技術、Docker/Kubernetesの基礎から実際にアプリケーションを作るまでを解説した入門書です。Docker/Kubernetesを実際の現場で活用している著者が最新情報や実践スキルをわかりやすく解説します。出典:Amazon

当書では「開発したアプリをコンテナ技術を用いてデプロイしたい」という方向けにDockerやKubernetesの基礎からコンテナ関連クラウドサービスの使い方などについて解説されています。

理論と実践のバランスが取れていることからコンテナ技術を理論的に理解して実践につなげていきたいという方におすすめしたい書籍です。

コンテナ技術に関して理論と実践のバランスが取れた書籍。理解を深めつつ実践力も身につけたいという方におすすめ。

おすすめ本⑥図解!Dockerのツボとコツがゼッタイにわかる本

6冊目のおすすめ入門書は『図解!Dockerのツボとコツがゼッタイにわかる本』です。

「Dockerって何?」「どうやって使うの?」といった、これからDockerを使っていきたいと考えている方のための入門書です。実際に操作をしながらDockerについて知り、使い方を体験することができます。出典:Amazon

当書はDocker初学者向けにハンズオン形式でDockerの使い方について解説された書籍になります。これからDockerを使っていきたいという方が最初に手に取る書籍として個人的にはおすすめです。

Docker初学者向けにハンズオン形式でDockerの使い方などについてわかりやすく解説されている。

おすすめ本⑦Docker&仮想サーバー完全入門

7冊目のおすすめ入門書は『Docker&仮想サーバー完全入門』になります。

本書は、コンテナや仮想化の基本的な仕組みを学びながら、Docker Desktopを使って各種サーバーを構築する方法を解説しています。出典:Amazon

当書ではLinuxやWebサーバー、データベース、WordPressなどの設定ファイルを掲載して、それらの仮想サーバーをすぐに立ち上げられるような構成の中でDockerの使い方について学ぶことができます。

すべての操作手順をステップ・バイ・ステップで丁寧に解説しているので、挫折することなく読み進められることでしょう。

ハンズオン形式でDockerの基本的な使い方について学ぶことができる。

Dockerのおすすめ案件獲得方法

engineer-sidejob-agent

良書でDockerの学習を済ましたら、以下の案件獲得サイトから案件を獲得してみることをおすすめいたします。週1,2の副業案件からフリーランス向けの案件まで幅広く掲載されております。一度サイトを覗いてみると良いでしょう。

今すぐDocker案件を検索!

今すぐ案件を探すなら、以下の3社が非常におすすめなので、無料登録して自身に合う案件がないか探してみると良いでしょう。

【第1位】
ITプロパートナーズ
週1〜2日、リモートワークOKな副業案件が豊富。直エンド案件ゆえ単価も高い傾向にある。
【第2位】
Remogu
すべての案件がリモートワーク。週2日や夜間OKの案件が豊富。エージェントによる手厚いスケジュール調整や条件交渉などのサポートを受けることができる。
【第3位】
レバテックフリーランス
求人数、利用者数が業界No.1。エンジニアであれば、まず登録しておきたいエージェント。

【2024年最新】Dockerの独学におすすめの本|まとめ

docker-book

ここまでDockerの独学におすすめの本を紹介してきました。Dockerのスキルを習得するのは難しいことですが、一度身につけてしまえば長い期間使える汎用的な力となり得るので大変かとは思いますが勉強頑張ってください!

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。本記事がDockerの独学に適した良書を知る上で少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

当ブログ『YesNoCode』では他にもITに関する記事をたくさん公開しているので気になる記事がないか併せてチェックしてみてください。

今すぐDockerの案件を探す!

エンジニア、デザイナー向けの週2、3日のお仕事紹介【ITプロパートナーズ】【公式HP】https://itpropartners.com/

  • 週3日〜の案件を数多く扱っている
  • エンド直ゆえに高単価案件が多い
  • フルリモート案件など、柔軟な働き方に対応した案件が多い
  • トレンド技術を取り入れた魅力的な案件が豊富にある
  • 専属エージェントが希望に沿った案件を紹介してくれる

\ 最短60秒で登録可能! /
無料会員登録
案件を探す

docker-sidejob
【土日で稼ぐ】Dockerを使った副業の始め方とおすすめの案件獲得サイト20選 このような方向けに本記事ではDockerを使った副業の始め方と土日で稼ぐのにおすすめの案件獲得サイトを厳選して20個ご紹介します...
udemy-docker-pic
【2024年最新】UdemyのDocker講座おすすめ7選「UdemyでおすすめのDocker講座を知りたい」「UdemyでDockerについて効率的に学びたい」このように思われている方向けに本...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です