プログラミング

【独学】RubyでWebアプリ開発を行うまでの学習ロードマップ

RubyでWebアプリ開発を行うまでの学習ロードマップ

Ruby”を使ってWebアプリを開発したいという人は数多くいますが、その学習手順を知らない人もまた数多く存在することでしょう。

そこで本記事ではRubyでWebアプリ開発を行うまでの学習ロードマップをお伝えします。

本記事の対象読者
  • RubyでWebアプリ開発を行いたいが学習手順がわからないという方
  • プログラミング未経験でRubyからWebの世界に入りたいと考える方
  • 将来はエンジニアやプログラマーになりたいと考える学生や社会人の方

具体的な学習手順は以下の通りです。

RubyでWebアプリ開発

私自身、上記の学習手順でRubyを使ったWebアプリ開発ができるようになったので、ある程度信頼性は担保できるかと思います。

ハニ太郎
ハニ太郎
それではRubyでWebアプリ開発を行うまでの学習手順をご紹介♪

Rubyの基本文法を押さえよう!

RubyでWebアプリ開発

どのプログラミング言語を学ぶにしろ避けては通れないのが基本文法の習得です。

Rubyの基本文法は他のプログラミング言語と比べて理解しやすい構造なので、このステップはサクッと終わらせましょう。

Rubyの学習方法は大きく分けて以下の2つ。

  • Rubyについてサイトで学習する
  • Rubyについて書籍で学習する

Ruby学習におすすめのサイト

Rubyの基本をざっくり理解するのにおすすめの学習サイトはProgateになります。

有名なサービスなので聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、それだけ良質なサービスということです。

有料版Progateの評判は?
有料版【Progate】の評判は?コスパ最強の学習サイト有料版Progateの評判は?無料版と何が違うの?プログラミング初心者向けの学習サービス「Progate」の概要から口コミや評判、その後のプログラミング学習方法について解説しております。...

Rubyコースが1〜5まであり、早ければ1日で学習し終わるくらいのボリューム感。

この段階ではあまり時間をかけず、ある程度理解しつつ先に進んでしまいましょう。

Ruby学習におすすめの書籍

学習サイトを使うのも良いですが、Rubyをより体系的に学べるのはやはり書籍でしょう。

時間をある程度かけてじっくりとRubyの基本文法を覚えてから先に進みたいという方はサイトではなく書籍での学習をおすすめします。

Rubyの学習におすすめの本をレベル別にご紹介
【2019年版】Rubyの学習におすすめの本をレベル別にご紹介Rubyの学習におすすめの本をレベル別にご紹介。プログラミング初心者によくおすすめされるRubyは奥が深く、且つ扱いやすい言語なのでマスターするにはうってつけと言えるでしょう。...

上の記事ではRuby学習におすすめの書籍をレベル別にピックアップしているので、気になった書籍があったら実際に手に取って読んでみましょう。

まずはRubyの基本文法をざっくり押さえよう。学習サイトならProgateがおすすめ。書籍は自分に合ったものを手に取ろう。 

Webの知識を深めよう!

RubyでWebアプリ開発

前章を終えた段階でRubyのお作法(基本文法)は身につきますが、実はWebそれ自体の仕組みを知らなければRubyを使ったWebアプリを開発することはできません。

それを踏まえ本章ではWebの仕組みを理解するための学習ステップを紹介していきます。

最低限HTML&CSSは押さえよう

HTML&CSSとは簡単に言ってしまえば”Webページの見た目を作るための言語”です。

先ほど紹介したProgateでHTML&CSSについても学ぶことができるので、Rubyと一緒に学習を進めておきましょう。

HTML/CSSの学習におすすめの入門書5選
【2019年版】HTML/CSSの学習におすすめの入門書5選HTML&CSSの学習におすすめの入門書は?現役エンジニアである私がおすすめしたいHTML&CSS入門書を厳選して5冊ご紹介。WebエンジニアもしくはWebデザイナー志望の方は必見です!...

HTML&CSSについて書籍で学習したいという方は上の記事を参考にしてみてください。

Webの仕組みを良書で理解しよう

Webの仕組みを理解するにはサイトでの学習ではなく、良書を一冊手に取り理解するのが最も手っ取り早い手段かと思います。

プログラミング初心者がWebの仕組みを理解するのに役立つ本3選
プログラミング初心者がWebの仕組みを理解するのに役立つ本3選プログラミング初心者がWebの仕組みを理解するのに役立つ本を3冊ご紹介。Webの仕組みを理解していないと問題の原因究明ができなくなってしまうので、早い段階でWebの知識を身につけておきましょう。...

上の記事で紹介している書籍はどれも良書なので好みのものを選んで読んでみてください。

最低限HTML&CSSは押さえておく!Webの仕組みを理解するには良書を一冊読んでしまうのが効率的。 

簡単なSQL操作に慣れよう!

RubyでWebアプリ開発

SQLとは”データベースに蓄積したデータを操作したり定義するための言語”です。

Rubyを使ったWebアプリを開発するのであれば、データベースにアクセスするためのSQLについても学んでおくべきでしょう。

なお、SQLの学習におすすめの書籍は『スッキリわかるSQL入門』になります。

当書を一冊読み終える頃にはSQLの基本操作はマスターできているはずです。

RubyでWebアプリ開発を行う際はデータベースの知識も必要になってくるので 、基本はしっかり押さえておこう。

Ruby on RailsでWebアプリを開発しよう!

RubyでWebアプリ開発

ここまで学んだ内容でもRubyを使ったWebアプリを開発することは可能ですが、一から処理を書いていくのはあまりに非効率です。

そこで学ぶべきなのがWebフレームワーク(Rubyの場合Ruby on Railsがそれにあたる)

Ruby on Railsの主な学習方法は以下の2つ。

  • Ruby on Railsをサイトで学習
  • Ruby on Railsを書籍で学習

Ruby on Rails学習におすすめのサイト

何度も何度も登場しますが・・・やはりRuby on Railsの学習もProgateがおすすめです。

結構なボリュームのコースが用意されているので、Progateをやり切ればRuby on Railsの基本はしっかり身につくことでしょう。

Ruby on Rails学習におすすめの書籍

Ruby on Railsについて体系的に学びつつ、マイペースに学習を進めていきたいという方には書籍を読みつつの開発がおすすめです。

Ruby on Railsの学習におすすめの本
【2019年版】Ruby on Rails学習におすすめの本をレベル別に紹介Ruby on Railsの学習におすすめの本をレベル別にご紹介。プログラミング初心者によくおすすめされるRubyのフレームワーク、Ruby on Railsは扱いやすくマスターするのにおすすめと言えます。...

実際に手を動かしサンプルアプリを作りながらRuby on Railsの学習を進められる良書を上の記事で紹介しているので、気になった本があれば是非手に取って読んでみてください。

Ruby on Railsの学習におすすめのサイトはProgate。書籍を読みつつマイペースに学習を進めていくのもアリ。 

RubyでWebアプリ開発ができるようになったら?

RubyでWebアプリ開発

前章までの学習でRubyを使ったWebアプリ開発ができるようになった人はその先どのように学習を進めていけば良いのか?

個人的には以下の3ルートがおすすめです。

  • Railsチュートリアルに挑戦してみる
  • プログラミングスクールに通う
  • Ruby on Railsで個人開発に挑戦する

Railsチュートリアルに挑戦してみる

Railsチュートリアルとは、Webアプリケーションの開発から公開までを実際に手を動かしながら学んでいく大型チュートリアルです。

Rubyエンジニアの登竜門的存在でもあるので、基本を身につけて自信がある程度ついたという方は挑戦してみましょう。

プログラミングスクールに通う

Ruby(on Rails)でWebアプリ開発ができるようになった段階でプログラミングスクールに通うのは、効率の面からもおすすめです。

というのも、個人に合ったカリキュラムを提供しているスクールが多く、相談したいと思うことが多くなるものこの段階だからです。

  • 前章までの内容をカバーするのは面倒だと感じた方
  • Rubyエンジニアとして就転職したいと考えている方
  • 効率的にRubyのスキルを伸ばしていきたいという方

上記どれかに該当する方はプログラミングスクールに通ってみるのが良いかと思います。

Rubyおすすめプログラミングスクール
【2019年版】Ruby学習におすすめのプログラミングスクール7選Ruby学習におすすめのプログラミングスクールを厳選して7社ご紹介。あなたに合ったプログラミングスクールが見つかり次第、各スクールが実施している無料体験に申し込んでみましょう。...

上の記事ではRubyの学習におすすめの良質なプログラミングスクールをまとめているので是非参考になさってください。

Ruby on Railsで個人開発に挑戦する

Ruby(on Rails)でWebアプリ開発ができるようになった・・・のなら自力で調べつつ開発してしまうのが実は最も効率的だったりします。

  • ある程度自走できる自身のある方
  • 作りたいものが明確にあるという方

上記どちらかに該当する方は個人開発をしながらRuby(on Rails)のスキルを伸ばしていくのがおすすめのルートです。

Ruby(on Rails)でWebアプリを開発できるようになったら、Railsチュートリアルに挑戦するも良し。プログラミングスクールに通ったり、個人開発に挑戦するも自由。 

RubyでWebアプリ開発【まとめ】

まとめ
  • まずはRubyの基本を押さえる。
  • 次にWebの仕組みを理解。最低限HTML&CSSは身につけておく。
  • 簡単なSQLはしっかり押さえる。
  • RubyのフレームワークであるRuby on Railsを使ってWebアプリを開発してみる。
  • RubyでWebアプリ開発ができるようになったら、Railsチュートリアルに挑戦。もしくはプログラミングスクールに通ったり、個人開発を行うのが王道ルート。
ハニ太郎
ハニ太郎
ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

本記事がRubyでWebアプリ開発を行いたいという方のお役に立てたのなら幸いです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です